FC2ブログ

ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

記憶と記録

最近のSNS全盛時代に、ブログという形は古臭いものになった。このブログを始めた当初は、釣りの情報は大手のホームページか数少ない個人のサイトから情報をいただくしかなかったものだ。それ以外のほとんどは月刊誌からの情報だった。当時定期購読していたのはBASSERにLURE MAGAZINEにRod and Reel。山形のバス釣りサイトのキミジローさんの【CLUMSY ANGLER】にコメントを載せはじめ常連になったことが、自分のサイトを持つきっか...
0

PADDLE

息子たちを追うためにカメラを新調したのが2年生のとき。3年生時の全国での活躍を収めるためにだ。それまでのNEX-7では500m先を覗き込むことさえ難しく、たとえ100m先でも小さな被写体にしかなり得なかったから。新しく買ったのは同じくSONYのRX10IV。レンズ交換のできない一眼サイズのコンデジ。撮影の練習と思っていた地元開催の東北大会がハイライトとなってしまった。ピントや露出が全然ダメダメではあるものの、息子の息遣...
0

遊びは道具から

久しぶりのわかさぎ釣りは面白かった。何より子供たちと釣りができたことが本当に嬉しかった。鱗を綺麗に剝いでやり、細かいところもチェック。また来年かな。...
0

ラストは想像を絶するエグさに全俺が泣いた

三寒四温とは言いますが、春のような日差しと鬼のような零下の落差に体も付いていけず。こんなに冷えてるならまだまだ氷上もいけるはずと思うものの、日中のポカポカ陽気に街中の雪は跡形もなく、これでは流石にダメかもと思いながら検索するわかさぎ情報は、残念な方向で予想に一致。水窪終了、横川終了、ならば板橋もダメなはず。もう一回くらいはどこか・・・なんて思いながらネットを眺めていたところ、ブログリンクさせていた...
2

水窪ふたたび

前回好調だった水窪のわかさぎ。最近では三寒四温の春の足音が間近に感じられる頃。この週末も10度越えの日が続きます。もしかして載れるのも最後かしらとの思いから、前々回板橋でわかさぎ童貞を卒業した息子の友人を誘っての釣行。もう一人、昨年バス釣りにハマった甥っ子も同行。こちらもわかさぎチェリーBOY。湖面に降り立ち前回の穴を目指すも、先行者たちは橋よりも北側の西岸に村を形成。何やら前回との雰囲気の違いに迷...
0

青空の水窪わかさぎ

夜も明けきらないうちから一路米沢へ。途中コンビニで飲みものの他に釣り券を購入し、いざ久方ぶりの水窪ダム。駐車場には3台の車。少ないなと思いながらリアハッチを開けて準備をしていると、漁協のおじさんがヘッテンを照らして登場。「まだ行っていけないよ。釣りは日の出からだから。」なんとなんと。でもまあルールには従いましょ。アベマでアニメを見ながら数十分、どんどんと車も増えてきた。その度にオジサン登場。と同時...
0

水窪詣り

朝靄の氷上は日常を忘れる格別な空間。たまらなく癒される一日を満喫してきました。...
0

息子たちと釣り

久しぶりの息子とのわかさぎ釣り。部活も引退し、受験も一区切りつき、ようやく一緒に来てくれました。まだ暗いうちから準備し、息子の部活仲間を迎えに行き、いつものフィールドへ。新しくなった我が家は男三人でも余裕があり、テント位置を決めてから穴開けが可能でした。肝心の釣果はまったく振るわず。相も変わらず釣れません。上流側も下流側も万遍なく釣れていないとのこと。釣り自体が初心者の息子の友だちに何とか釣らせた...
0

ニュー マイハウス【プロックス・パオグラン・セミラージ】

わかさぎ釣り時の我が家、パープルのキャプテンスタッグですが、8年目にして骨折してしまいました。急遽の代わりを探して山形行ったり天童行ったり東根行ったり。それぞれに在庫があるのはコールマンのオートMとプロックスのパオグラン・レギュラーのみ。値段的にはほぼ一緒なら、コールマンのMがサイズ的には最有力かなと。だけどパオグランのまん丸いフォルムも捨てがたい。ダメ元で米沢の上州屋に電話で問い合わせると、「あり...
0