ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

C-style死んだー

C-styleのモーターが左右で音の大きさがかなり違った。モーター軸にオイルを注すだけで違ってくることは分かっている。ならばいっちょ注したりましょかということでモーターを外してみる。え? って言うほど固い。取れない。てか微動だにしないし。ペンチでエイヤって引き抜いたらなんと。千切れましたがな(゚〇゚;)配線ごとズボっと。泣いたぁー。ま、いっか。...
0

第4戦/横川ダム

そろそろ終了の山形県のわかさぎ釣り。まだ可能なのは小国の横川ダムくらい。娘を誘ってみましたが「疲れてる。無理。」と素気無い返事。夜遊びばっかりしてるからだろうが、とは言っても無駄。真ん中の娘をバイトに送ったり、息子を部活に送ったり。結局いろいろとやることがあり、横川ダムに到着したのは11時近く。今回は初めて入る橋の下流域。テント村が形成されていますので、そのアウトサイド側にお邪魔することにしました。...
0

外部電源の電圧を比べてみる

C-styleの外部電源化にあたって、深く考えずに単3×3本の電池ボックスを選らんだ訳ですが、考えてみたら通常の3VでC-styleを回したことがないことに今さら気づいた訳でして( ;∀;)果たして通常のモーターはどんな回り方をするんだろう。取りあえずはせっかく作った電池ボックスやケーブルはそのままで利用する方向で考えてみる。で、こうすりゃいいじゃん、と。真ん中にブリッジ渡しただけ、という・・・(ꐦ ´͈ ᗨ `͈ ) ‘`,、そんでア...
0

C-styleの課題点と対処法を模索してみる。これっていわばG-styleだよね

さてさて、とりま使ってみた感想を。『楽しい!』一言でいえばそうなんです。何でしょう、楽しいんです。操作感は決してスムーズではないですし、トラブルレスでもありません。でも楽しい。木のぬくもりとフォルムの可愛らしさ。S-stickに通じる軽さからくる魚の引きのダイレクト感。でも、課題も多く見つかりました。ひとつはフォールスピードの遅さ。スプールを見ればわかりますが、肉厚で、ある程度の自重があります。ただ、こ...
0

第3戦/横川ダム

早くC-styleを使いたくて、息子をお供に小国町まで。前回の娘との釣行のリベンジを兼ねてます。米沢市の水窪ダムでは300とか400とか釣れているという情報もありますが、何分エントリーや湖面の情報に乏しく、子連れ釣行では無理をしたくありませんので安全を第一に優先してフィールドを選びました。県民の森の板橋沼という選択もあり得ましたが、休耕田を沼にした浅いフィールドですので、C-styleのテストには不向きかなと思い、今...
0

C-styleの外部電源化

思い立ったが即行動。全てにおいてそうであればいいんですがね。釣りに関しては別腹です。マニアの通う電気系専門店に行って、電池BOXとケーブルを購入してきました。あとは、たまたま家にあったCR123Aと同じ径の丸棒を30mmにカット。その両端にネジ穴をもみ込んで、これまた家にストックしてあるワッシャーとネジを利用。プラス側に丸ネジ、マイナス側には平ネジを、それぞれワッシャーを噛ませてセット。これを疑似電池にするこ...
2
該当の記事は見つかりませんでした。