ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

穂先自作/完成

24cmで作り始めた穂先も、ケースに入らないことが分かり22cmに縮めた。短い方は変わらずの18cm。写真左から、硬めのダブルフット→柔らかめのシングル→硬めショートのシングル。穂先のコーティングはニスを塗り仕上げ、スレッドはたまたま昔買ってたセルロースで仕上げた。硬さ的にはワカサギと言うよりメバルのそれ。ただし、ベロベロに柔らかいのが使いたければ既製品でいいやと。初の自作のバンブーロッドの完成です。 ...
0

穂先自作/ショートVer.完成

18cmのやや硬め仕様。とりあえず完成。ベンドカーブから考慮して、ガイドは4個。...
4

穂先自作/ガイドの作成

ステン針金の0.45mmでガイドを作成。とりま1回転半の2本脚にしてみる。できれば綺麗に捻って1本脚にまとめたい。スレッドももちろん100均のカラー糸。針金はもう一番手くらい細くても良かったようだ。よく行くホームセンターの中でも、とりわけJOYは品揃えが悪い。店選びも大事。...
0

穂先/削り直しとコーティング

焼き入れした竹のうち、3本を削り出したのちニスでコーティング。アルミパイプをセットした。上からメチャ硬!→硬っ!→普通やん。荒削りしてからニスを軽く塗って、そこから調整の削りをした方がスムーズに削れることも分かった。あとはガイドを自作してスレッドを巻いて完了。ガイドの取り付け位置や脚の長さによってアクションが変わってしまわないように注意しなきゃ。 ...
0

穂先/焼入れ削りだし

100均の寿司巻きで穂先を作ってる人がいたので、これも真似てみることに。ところが焼き入れが均一でなかったり、焼きが強すぎて硬すぎたりと、これがなかなかに難しい。ティップ側を限界まで削っても、グラス穂先やカーボンのそれと比べるとまるでドムドライバー。ベリーとバットの方まで丹念に削ってようやくそれなりのカーブを描いた。仕上げまではまだまだ。何本か削って練習してみよう。ガイドやら何やらはそれからだ。 ...
0
該当の記事は見つかりませんでした。