ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

最終戦/横川ダム

本日は気合を入れて早起きして行って参りました。とは言え、3時半の目覚ましをスルーし、4時もスルー。5時の目覚ましでようやく起きた体たらく。朝靄に包まれた山間の道を慎重に運転しながら、目指したのは前日に引き続き小国町のダム。連日の片道2時間のドライブは流石に堪えますねえ。現着は7時半。橋の下流のポイントでは、小国わかさぎ会の大会を開催している様子。のんびりと釣りをしたいこともあり、今回は橋の上流へ入るこ...
0

第4戦/板橋の午前

前日の飲み会の席で盛り上がり、職場の同僚をつれて「初めてのわかさぎ釣り」体験に行ってきました。前日のアルコールの影響も考えると、午後からのゆっくり釣行が良かったのですが、先輩は息子のお迎え時間、後輩は女の子とスケートの約束があるとのことで、今季初となる朝から釣行となりました。とは言え酒の影響も考え6時にお迎え、釣りとしてはマズメを外してしまっていますが、雰囲気だけでもということで。二人をピックアッ...
4

第3戦/板橋沼開眼

前日までは小国町の横川ダムまで遠出をしようかと目論んでみたものの、最近は週末ともなるとグッタリのグースカピー。まったく起きられません。目覚めたのはもう10時。家族もみんな出払った様子。ぼくの相棒のダルメシアンだけが散歩待ちでクンクンと申し訳無さそうにいるだけ。散歩を済ませ、コーヒーを啜り、タバコをプカリ。ネットを徘徊してからゆっくりと準備。横川ダムへ向かう気力は無く、いつもの板橋沼を目指すことにしま...
4

GOLGO RODを弄る

いただいたゴルゴさんの作品ですが、自分なりにチューンしてしまいました。やっぱり叩いて誘った時に揺れるのはどうしても気になったものですから・・どうもすいません。以前別の機種に使っていたアルミの脚を付けてみました。見た目にも一体感があってうまく纏まったと思います。あとはソフトタッチでもモーターが稼働するように、中の端子をオートスイッチにギリギリ重なるところで折り曲げ。敏感ポッチのできあがり。当然オート...
0

第2戦/お陰様

本日もゆっくり起きだし、お昼からわかさぎ釣り。11時半出発の12時過ぎの現着。駐車場は満タン。路上にもズラリと先行車。湖面に着いてみるとテントと露天の釣り人でいっぱい。釣りを始めたのは12時40分。テントも用意してますが露天で釣り開始。外国の人たちも遊びに来ていました。釣り開始から2時間、ほとんどアタリがありません。2時間で6匹。前回は午後からいい感じで釣れ続けただけに外してしまった感タップリ。近くの露天で...
7

2016ようやくスタート

氷結が遅れていた県内も、蔵王、県民の森、小国町横倉ダムの順でようやく開幕しました。仕事や部活の送迎の都合で思うようにスケジュールが取れず、他の方々の釣果を見聞きするにつれモヤモヤが募っていましたので、思い切って休みを取り強行。そうは言っても日頃の疲れからかはたまた歳のせいなのか、元から朝が弱いこともありますが、日頃にも増してゆっくり起きちゃうダメな奴。それから犬の世話を済ませて準備をし、現地に着い...
4

山形のわかさぎシーズンは未だ遠く

釣りの準備だけは進めておりますが、雪のない正月を久しぶりに迎えております。山形の場合、寒さで完全氷結するフィールドは無く、薄っすらと張った氷に雪が降り積もり厚い雪氷層を成すところばかりなので、今シーズンのように雪が降らなければ氷上の釣りは開幕しません。街中に降る雪は邪魔以外の何者でないのですが、降るべきところにも降らないのは困りもの。とりあえずシンプルなアルミスタンドを作ってみました。目新しいのは...
3

ゴルゴサンタ

北海道からクリスマスプレゼントが届きました。ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イゴルゴのひとり言・釣り日記の気弱なゴルゴさんからです。穂先一体型のモデルをはじめ、最新モデルと手羽竿まで‼︎もう感激でおしっこチビってます。流石の作り込み。パーツの構成や配置、なるほどなるほど。細かいところまで考えに考えて作られています。作り手の真剣な眼差しまで伝わってきて、本物は違うなと改めて思わされました。家宝にします。ゴルゴさん、...
4

わかさぎ第15戦/横川ダム

土曜日のこと。近くののフィールドはほぼ終了状態。県内屈指の豪雪地帯である小国町は横川ダムへと行ってきました。朝早くから出かけようと目覚ましをかけても、天変地異でさえ起きない寝坊助には無意味。現地に到着したのは10時過ぎでした。お寺にて駐車代金と遊漁料を支払いながら最近の状況を聞きだします。前日はかなり良かったらしく150匹だったらしい。今年は夕方近くからの釣果が朝よりもいい傾向だと言うが、そういえばど...
9

わかさぎ第14戦/水窪ダム

山形のわかさぎ釣りもシーズン終盤となりました。先週からめっきり春らしくなり、市街地の道路はすっかり乾いてます。花粉も舞ってます。秋田や北海道で落水事故が相次いでいるようですので、転ばぬ先の杖ならぬ落ちぬ先のスノーシューをば。ホーマックで残り1個となり、在庫処分で売値から更に1000円引きで売られていました。さてさて本日は平日にもかかわらず、お休みをいただいて米沢は水窪ダムへ行ってまいりました。家を出た...
6

わかさぎ第13戦/板橋沼/露天ブラ

9時からお昼まで、とっても日差しの気持ちのいい日でした。テントは持って行ったものの張らず、ずっと露天でブラブラと。途中、ブログを見ていてくれてる方とお喋りしながらのんびり。この日は今季一番の渋さ。転々と移動しながら探ってもまったく魚信がありません。周りもサッパリの様子。あまりのアタリの無さに雪合戦してみたり。兎に角のんびり。帰りは息子が率先してソリを引きます。なぜならこれが定番の帰りみち。息子3匹...
4

ニコイチ

これにモータークラッチでしょ、タクトスイッチでしょ、高さ稼がなきゃでしょ、仕上がり汚いでしょって。まずボディーをニコイチに仕立てるのが難しい。面倒。綺麗に真っ直ぐ切れない削れない(;´༎ຶД༎ຶ`)これは自分の能力を超えてるな。取り敢えず手を入れたからには組み上げなきゃでしょ( •́ ✖ •̀)ショボーン...
4

パーツ選びはお宝探し

餅は餅屋と申しますが、近くの100均やホームセンターでは買えないパーツはあるわけでして、初めて電子部品の専門店に行って見ました。狭い店内にびっしりと配置されたパーツ類。スイッチひとつとって見ても数十種類。「すげーすげー」の連発です。おそらく目のキラキラ感は中学二年生にも負けていなかったでしょう。そのあとは何時ものダイソーにてリューターやら糸鋸やらを購入。その他諸々と袋いっぱいに買っても1600円ですから...
4

わかさぎ第12戦/暴風デート

子どもたちにフラれ、強風の吹きすさぶ中に嫁とふたり。10時から1時までの短時間でしたが、普段ゆっくり話すこともないので色々と話ができてよかったです。板橋沼は膝上までの積雪で歩行も困難なほど。到着して一息つく間もなくまずは地固め。時折吹き付ける強風で周りのテントもひしゃげています。飛ばされないように押さえてもらいながら、テントの四隅にペグを打ち雪を盛って設営。更に補助ロープを張りペグ留め。設営だけでも...
4

Gクラッチの取説

最近ではS-stickやGクラッチについて見ていただいている人がほとんどのようです。簡単に自作できるクラッチシステムとして、それなりに評価されてのことと嬉しく思います。それなりによく回って、それなりにトルクも得られ、それなりに釣りになる電動リールが自作できちゃいます。ただ、そこから先に実はキモがあるのですが、敢えてそこには踏み込みませんでした。それは何故か。どんなパーツをどんな位置にどんな風に配置している...
12

わかさぎ君とチカちゃん

数あるラインの中で自分が選ぶ基準は、一番に安いこと。次いでトラブルが少ないこと。海での釣りはほぼPEラインだし、たまのバス釣りも海のタックルをそのまま使ってるのでPE。その流れでわかさぎでもPEを導入した時期はあるものの、万が一のバックラッシュでシャフトに巻き込んだりすると高確率で切れてしまうし、パラダイス探しの露天巡りでは氷結して使い物にならなかった。そんなことから最近では全部のリールに巻いてあるのが...
4

わかさぎ第11戦/板橋沼/捨てる阿呆に拾うネ申

本日ももちろん、わかさぎ釣りへ。前日までは水窪ダムへ行くつもりでしたが、疲れからか起きられず断念。結局はいつもの板橋沼。到着して釣り糸を垂らしたのが9時半。テントを設営中にスノーモービルに乗った自然の家のスタッフに「ブログを見て自作電動の参考にさせてもらっています」という嬉しい声をかけていただきました。今回の釣り座は先行者の開けた穴を利用したのですが、かなり近い開け方で少々不安ながらも、雪の多さに...
0

わかさぎ第10戦/意気沈沈

kcn-factory4号機と自作の竹穂先連日のPTAの飲み会つづきでお疲れ。本日もゆっくり8時に家を出て、板橋沼でのわかさぎ釣り。自分の竿を出したのは10時近くだった気がします。家を出てすぐの国道で、後ろから猛スピードで追い越しをかけ、前に割り込んできた黒い軽。それだけなら怒ったりしませんが、そいつの跳ね上げた小石がフロントガラスに直撃。パチン!という乾いた音とともに傷が入ってしまいました。スタッドレスタイヤを履...
4

友人作の天才電動リール

わかさぎ釣りをしてみようと盛り上がり、誰もやったこともないにもかかわらず、そのうちの一人の友人が造ったリール。今から5年前のこと。kcn-factory4号機 BURN!別誂と勝手に名付けたそのリールは、桧原ローカルの疾風を見よう見まねで造りあげた逸品。仕上げの美しさや、もちろん実釣の面においての快適さには、とても素人が造ったものとは思えぬものがありましたね。ちなみにBURN!は当時のこのブログの名前。Rod and Beer には...
8

わかさぎ第9戦/板橋沼のJUMBO

午前のみの強行。まだ暗い6時にこっそり家を出る。風もなく穏やか。路面の積雪もなく、沼へは40分のドライブ。平日とあって先行者の車は1台。アプローチの散策道も雪がなく歩きやすい。氷上にはなぜか2つのテント。手前のテントの親爺さんにご挨拶しながらインタビューしてみる。5時に釣り始めて7時現在で20匹だそうだが、6時からはアタリがないと言う。少し奥のテントは無人の様子。しかも何故か入り口が前後とも開けっ放し。主...
2
該当の記事は見つかりませんでした。