ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

アダプターつくらなくても売ってます

S-Stick用にと、アルミ板から切り出してしこしこ加工したアダプター。魚探の配線をまとめるための結束バンドを買おうかと回遊ルートの100均へ足を運んだところ、そのコーナーでまさにアダプターそっくりな形状のグッズを発見。それがこちら。配線をまとめるクリップ。4個入り100円。わざわざ作らなくてもいいかも。さっそく息子用のS-Stickにパイルダーオン。自作のいいところは圧倒的に軽い。そして見た目の自己満足!既製品の流...
4

S-STICK SバージョンのG仕様

御本家S-STICKのブログでスピニングバージョンを公開していたので早速真似てみた。作ってみて室内でテストをした感じでは、巻き上げ速度がオソロシイくらい速いということ。ベイルアームさえ上手く作れれば割と簡単だということ。ただ、巻き上げる力は以前のタイプの方が強いようで、モーターシャフト直結のこちらは強い抵抗が加わるとすぐに回転が止まり、ややもすると逆回転してしまう。実際にフィールドで使ってみないとまだOK...
0

スプールフリー機構の改良

今回の釣行で使った弐号機(水色)。室内テストでは1.5gからスルスルと落ちていたものの、実際に現場で2gの錘から始めると指で弾いてあげないと落ちないという状況。結局は2gの錘をダブルで着けて対応した。水の抵抗をまったく頭に入れていなかった。ボトムだけの釣りならいいが、中層では誘いに大きく影響してしまう。初号機、弐号機のような直接スプールを押し上げる方法では、スプールに圧が掛かって回転を妨げるのだが、ロック...
0

電消しリール/懲りずに

100均のチビまな板と皿立てで台を作り、ついでに壱式も弐式と同じ脚にしました。弐式には可変部にガイドを追加。これでラインがロッドに貼り付くのを軽減。穂先をセットするとまた違って見えるもので、今宵もこれで旨い酒が飲めるというもの。...
0

電消しリール/出動待ち

どーーーーー・・・・・・しても納得いかなかったピンクのスプール。3gでようやく、1gではウンともスンともニンともカンともでござった。頭に来た暴れん坊将軍に成敗されたでござるよ。そして何故か当たりカラーのイエロー。100均故のバラツキか、はたまたイエローにしなさいとのお告げか。今回は1gではスン・・くらいの反応も、2gでは着底で大バックラッシュするほどの回転っぷり。思わず拳を握りしめガッツポーズ。近くにいた嫁...
0

電消しリール/最終形態

指で何度も弾いて慣らしを終えて、パーツの微調整の末スプール問題も解決。弐式のフリークラッチには指で弾けるように突起を付けた。壱式・弐式とも、巻き込み防止兼用のガイドをラインが挟まったりしないように加工し直し。お尻には落下防止のストラップを。見た目も可愛く仕上がり、なかなかの出来具合に満足。自分もこれを見ながら焼酎でいい感じに仕上がりチュウ。 ...
2

G-STICK 壱式・弐式

S-stickを真似て作り始めた自作リールも、ここで一応の完成を見た。スプールフリー時の抵抗感は、スプリングの押さえ過ぎと最初のベアリングが原因のよう。Kcn-Factory製のリールを使ってみれば、色々と改良点が見えてくるはず。壱式(奥)にはより回転製のいいスプールを積み、子ども用に幅広の脚を着けたモデル。弐式(手前)は自分用に、やや回転の悪いスプールとちょい脚。アルミパイプで可変式の穂先受けを作ってみた。早くフ...
0

電消しリール/第4形態

毎日同じようなタイトル、同じような画像ばかりですが。今回はもうひとつの懸案だったラインストッパーを装着。これまた100均のマップピンを利用。ピンを0.5mmほど残しカットし、穴を開けたスプールに瞬間で接着。1mmくらいにカットしたゴム管を通してセット完了。ついでにスプールのベアリングも片側だけの固定にして、もう片方はスペーサーを挟んで完全フリーに。ついでのついでに、少しでもスプールに干渉しないよう本体側の先...
2

電消しリール/第3形態

ラインを巻いて、穂先をセットして重りの巻き上げを実験してみたら、穂先にラインが着いてしまうわ、巻込防止が邪魔なだけだわで作り直し。息子に「ちゃんと置けないのコレ?」と言われ脚も生えた。ついでに穂先受けもプラから真鍮に変更。キャンディーポップなチープでシンプルな「首から下げて違和感なし」がコンセプトだったが、色々と足すことばかりでそれなりに電動リールっぽくなってしまった。最重要課題がスプールのフリー...
8

電消しリール/第2形態

巻き込み防止とフリー機構を組み込んだ。これでようやく一応の実釣に耐え得るリールとなった。アルミ板をそれなりに削り出し、スプールシャフトに直ポン。捻って前の段差に載せるだけ。それなりの使用感。あとはモーターのシャフトにゴム管付けてたのを元のプラに戻した。この方がゴムの滑り止めとの相性が良く、明らかにトルクが上がった。こうして形が見えてくると、あれこれと改善点へのアイディアが浮かんでくるものだ。途方に...
0

電消しリール

自分で作ろうとして座礁気味だった電動リール。とりあえず稼働部だけ作ってみた。も、スプールをフリーにするクラッチをどう取り付けるか再び暗礁に。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。