ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

ネオジムの立場

息子のS-StickをSからCにしたときに、「ん?」と思ったことがあった。それは先に作ったホワイトモデルより明らかにトルクが上がったこと。違いは磁石の位置。後から作った息子のモデルの方が中心に近かった。で、ホワイトモデルも穴半個分中心にズラしてみたところトルクアップ。分かってる人は最初からそうするんでしょうが、これから作る人のために言っておけば、磁石はモーター軸の隣に配置すべきということ。当たり前っちゃ当...
9

最後は”C”

S-Stickで自作に初めて取り組み、オーソドックス、スピンタイプ、C-STYLEとひと通り作ってみた。今シーズンも終盤になり、来シーズンに向けて友だちのために増産をするならと考えたとき、「作りやすさ」「コンパクトさ(機械的な美しさ)」「使いやすさ」の何れをとっても"C"が圧倒的に抜きん出ているように思えた。スプールのベアリング加工さえしてしまえば、あとはただ組んでいくだけ。しかもフリー時にはバネの圧力も無いから...
4

TYPE-S/TYPE-C テスト釣行

本日は娘の柔道の合同練習会の送迎で、水窪ダムのある米沢の隣町まで朝早くから出掛けた。いつもは1時間程度の道のりも圧雪凍結のせいで1時間半。8時半からお迎えの4時まで何もすることが無いことは分かっていた。なら行くしかないでしょう♪道中、LINEで仲間に呼びかけてみると早速米沢市民が高反応。すぐにピックアップして水窪ダムへ。天気も良く釣り人が多い。今日は息子もソリ引きを手伝ってくれた。最初のわかさぎ釣りのとき...
4

TYPE-Cの完成

スピニングのTYPE-Sにつづき、C-STYLEのTYPE-Cが完成。shimoさんのパクリですが、ネオジム磁石でのこのスタイル。スプールもまずまずの密着度。なかなかいいかも。※約1ozのステンレスステーを吊り下げての自宅テストではストレスなく巻き上げることができました。横から見た感じはこんなです。スプールとギリギリの距離に磁石を設置。ビスで高さを調整後、アルミパイプで高さを固定。スプールフリー時には逆さに。ここでもおけつグ...
5

マグネット式スプールもやってみよう

福島のどどんぱさんのブログを見て、このスプール固定の方式をS-Stickに導入できないものかと思っていたところ、既に実践しておられる方がいました。何か釣れました?のShimoさん。C-STYLE風ということですが、ロック機構を割り切ってしまえばいいんですよね。まさにそのとおり。目から鱗がポロリ。とりあえずスプールに棚ストッパーを付けて、電消しちょん切って、アルミ板をチョキチョキ。必要な材料を各種買ってきてみた。トル...
0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。