ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

ストッパーレス

落とし込みに関しては結局のところsinさんスタイルが一番だということが分かった。手前の巻き込み防止ストッパーで極端にチョークされて、それが一番のストレスになっていた。スピンスタイルのS-Stickのトルクなら、極端な話ストッパーは要らないだろうと、余計なものを外してみたのが正解のよう。きのう今日と雨。もう1回くらいは行きたいが、フィールドの状態次第では強制終了もあり得る。もう2回、3回くらいは行きたいのが本音...
0

TYPE-S 再調整

今夜の出撃に向けて再調整を施す。TYPE-CはNO調整。S2台のうち青い零号機は穴1個分前に伸ばし、巻き込みストッパーも高く伸ばすことで落とし込みはほぼ問題ないように思える。ただこればっかりは実際に水中での動作確認をしてみなければ何とも言い難い。同時にトルクチューンドモーターに入れ替え。そしてゆるふわパーマ対策に2台ともベールの内側を薄く削った。外側もラインを拾いやすいように削り込んである。ゆるふわ問題には捨...
2

TYPE-S/TYPE-C テスト釣行

本日は娘の柔道の合同練習会の送迎で、水窪ダムのある米沢の隣町まで朝早くから出掛けた。いつもは1時間程度の道のりも圧雪凍結のせいで1時間半。8時半からお迎えの4時まで何もすることが無いことは分かっていた。なら行くしかないでしょう♪道中、LINEで仲間に呼びかけてみると早速米沢市民が高反応。すぐにピックアップして水窪ダムへ。天気も良く釣り人が多い。今日は息子もソリ引きを手伝ってくれた。最初のわかさぎ釣りのとき...
4

TYPE-S 改良とオリジナルへの感謝

息子のS-StickもTYPE-Sへと変更するとともに、壱式での失敗をもとにスプールまでの間隔を延長。市販のステーでは制限があるのでアルミ板でシャーシを作った。ラインストッパーも前に持ってくることで更に間隔は広がる。TYPE-Sは製作やメンテも楽だが、ちょっとした改良も楽ということもあり、次回のテスト釣行の結果によって色々と手を加えてみたい。このシステムを考えてくれたsinさんやゴルゴさんには本当に感謝いたします。...
2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。