ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

最近は

 もっぱら息子の運転手です。...
0

カヌーはじめました

息子がカヌークラブに所属しました。これを口実にカヌー買っちゃいたい。...
2

やまがたチョイす

さくらんぼTVで毎週土曜に放送されている『昼ドキ!TV やまがたチョイす』に息子が出ていたと数人から言われ、「そういえばインタビューされた」とか。生放送だけに本人たちも見てないから、あまり意識していなかったようだ。ありがとう45周年!みんなのサザエさん展なるイベントに出かけたときのこと。土曜といえば板橋ソロ釣行の最中だ。見たかったなぁ~(。ノε`。)アゥ~~...
2

ムシトリ

息子にせがまれて甥っ子を連立ちカブトムシを捕まえに行きました。じっとしているだけでも汗ばむ午後3時。カブトムシは無理でもクワガタなら何とかなるだろうと、河原のマイポイントに向うも、先日の豪雨の爪痕が生々しく残り、木々がなぎ倒され道路にも大量の土砂が残っているような有様。半ば諦めモードでめぼしい木々を揺らし続けましたが、結果は残念ながらゼロ。(豆知識:クワガタは木を蹴ったりすると、そのショックを鳥が...
2

画伯みたび。

うちの画伯はとどまることを知らないようです。シリーズ The DOG。今回のお題は 『アンジェロ』。描いてみろと言われ酔っぱらいながらもなんとか後ろの絵を描いた。不本意ながらも即興でチャチャチャと仕上げる。なにせこの後の画伯の絵が楽しみでならないから。それでは、画伯お願いします。☟ ☟ ☟今回も やべえ。毒々しい!...
4

100杯

わんこそば100杯達成のこの人。実はゴールデンボンバーやギルドのメンバーが来たとのことで、東屋本店に来たかったらしい。当初の目標はキリショーの70杯。軽く上回っちまったね。...
6

小僧様

画伯も満腹。パパの55杯に並ぶ50杯を達成。このままお店のお使いに行けそうな格好。...
0

天才画伯ふたたび!

うちの画伯がまたも強烈なメッセージ性の強い絵をお描きになられました。シリーズ The DOG。タイトルは 『ワイマラナー』 だそうです。ワイマ飼いのみなさまには先に謝っておきます。ごめんなさい。それでは、どうぞ。☟ ☟ ☟小5でこのクオリティにはなかなか到達できません。目眩がするほどに素晴らしいです。ちなみに以前に書いたダルメシアンはこちらからご覧いただけます。☞ 「CULTURAL FESTIVAL」...
4

び っっっっっくりするほど食べるんですけど

わんこそばが食べたい。突然のリクエストで一路盛岡へ。なんでわんこそばなの?そんな疑問はさておきわんこスタート。...
0

GUITAR GIRL

すっかりバンドサウンドにハマりギターに興味を持ち出した長女。パパに似ずきちんと形になればいいのだけど。とりあえず狂ったチューニングを直してやり、ドレミファソラシドの練習。次はコードのお勉強。綺麗な指の遺伝子はママ譲り。少なくともあの頃の俺よりは今の時点でマシなはず。...
2

カヌーが欲しい

子ども会の行事で、近所にできたカヌー場「グリバーさがえ」でカヌー体験をしてきた。初めは恐る恐るだった子もあっという間に操船を覚え、みな生き生きとした表情で笑顔がほころんでいたのが印象的だった。セルフレスキューの講習を受ければ、次回以降は大人が200円、子どもは50円で4時間遊べるという低料金も魅力的。せっかく地域にできた施設だけに積極的に利用し広めていきたいと思う。それにしても思うのは、やっぱりカヌーが...
10

成長期

最上川フェスタ、ゴムボートレースに参加して来ました。娘とエントリーしたものの、今朝出発直前でのドタキャン。またか、またなのか、心底ガッカリ。入賞して自信を持たせてやりたかったし、二人きり川の上で話ししたり、自然の中で無心になることをさせたかった。上がったり下がったり。まだまだ難しい状況。関わり方も難しく、構わないのも無関心と捉えられては困るし、構い過ぎてもウザがられる。頼み事を聞き過ぎても我が侭が...
8

いっしょに居るということ

丸くなくたっていいじゃないはみ出して潰れて見てくれなんて気にする必要はないんだよねいっしょにいることその意味その幸せを噛み締めてそう思えた自分の傍らには気が付けば片付けを手伝うむすめの姿があった...
6

あいかわらずなむすめ

自傷行為は無くなった様子。でも腹痛や頭痛を訴え時おり学校を休む。機嫌のいい時はニコニコと冗談を言う。夜寝れていないのか朝は最悪の悪態。友だちの約束もすっぽかし気味。学校にはかえって本人の重荷になるからあまり構わないで欲しいと伝えた。今日は夕食後にカラオケでも行こうかとなり、ウキウキ上機嫌でお風呂に入り身支度していたが、さて行こうかとなると突然の行かない宣言。飯も食わずにウキウキ待っていたところ、こ...
6

蔵王そぞろ歩き

蔵王温泉の共同浴場。温泉街は硫黄のにおいが充満。...
0

デカカマクラ

巨大かまくらの中で。天井を支える巨大女と小僧様。...
0

お前が幸せなら幸せだよ

若干ピントが甘いけど気にすんな。嫁の口から出てるのはエクトプラズムではありません。蔵出し写真つづきます。...
0

ツイテルな

きのうとは打って変わって荒れ狂う天気。轟々と唸りを上げる横殴りの雪の壁。視界は5m。今日のような天気なら間違いなく釣りなどできなかっただろう。ついてるのかも知れない。うん、ついてる。こちらもお菓子とお喋りがメインだとしても、付いて来てくれるだけありがたい。「餌の付け方と魚の外し方を教えてくれたら、自分でやってあげてもいいよ」・・だそうだ。...
2

成長ノスピード

去年までソリ滑りで満足していたと思ったらたったいち日で滑れるようにこの年頃の成長のスピードには驚かされる...
4

はなしちゃうぞ

...
0

人間リフトでいきますよ

さあ、用意はいいかな...
0

いざゲレンデへ

また雪と鉛色の空日曜だけの束の間の青空は蔵王の地蔵さんが六地蔵※家を歓迎してくれたに違いない(※我が家の屋号)...
0

ジョジョジョジョジョ

遅いぞサンタナ!早く寝ろ!「・・・・・。」まだ着替えてもいないのか!まったくやれやれだぜ。早くしろストレイツォ!「・・・・・。」よーし、ようやくベッドに入りやがったな!喰らえ!波紋の呼吸法!「臭せぇぇぇぇ~!!!」はははは!ようやく静かになりやがったか。「アニメの見過ぎだし!おっさんのくせに影響され過ぎ!」ムムム!黙れシュトロハイム!「しかも波紋じゃなくてシンプルに口が臭いだけだし。」あははははは...
4

HAPPY B13THDAY

我慢強く温和な二女。きょうは13歳の誕生日。いつもお姉ちゃんと弟の面倒を見てくれてありがとう。ハッピーバースデー!...
4

ブツブツとニッコニコ

おとといから娘の顔に湿疹を発見していたが、きのうから顔全体に広がった。アトピー性皮膚炎のような症状。お昼から休みを貰い皮膚科へと受診。薬を貰い5日くらい経過を見ることになった。きのう購入したiPod touchをWi-Fiに接続し、AppleIDを取得、メールやFacebook、LINEの設定をしてやった。おかげでニッコニコの笑顔。嬉しい顔を見ればこちらも自然と笑顔がこぼれる。...
0

MERRY CHRISTMAS

長女はお昼に部活仲間達とクリスマス会。終わりを待ちいっしょに買いものに出た。クリスマスプレゼントを買いに街へ出たついでに、サンタの正体を知る長女へはiPodの購入資金の援助。長女と相談して、まだ少しは信じているらしい次女へはリラックマのグッズをプレゼントすることにした。息子には3DSのソフトを。ご心配いただいた長女も、こんなふうに会話をして、渋々ながらいっしょに出掛けるまでになった。きっともう大丈夫。仕...
0

解けないこころ

きのう、ようやく素直に自分の気持ちを話そうとした娘。頑張ってるから、心配かけてごめんね。そんな内容だったようだ。いざとなったら色んな感情が溢れてきて、結局は言えず仕舞い。おまえらのせいだ。なんにもわからないくせに。もう絶対信用しない。そんな言葉しか出てこなかった。助けるどころか、かえって苦しめてしまっていることが腹立たしく悔しい。写真は去年の雪遊び。こんな風にゲラゲラ笑って遊べる日が来るとは今は思...
6

嗚呼

今年は暖かい日がつづき、突然の雪にさくらんぼの木も葉を落とすことさえ忘れていた。ときの移ろいの早さに自然さえ置いてけぼり。この時代はかくも忙しく不条理だ。今朝は頭が痛いから治療を受けてから学校に行きたいという娘を送ってから出勤。学校に行こうとする、部活も休みたくない姿勢には我が子ながら敬服する。斯く言う自身も頭が痛く気持ちも重いのだが、頑張っている子供たちに泣きっ面は見せられない。先日治療先の先生...
4

ツララ

ようやく家族と話しできるようになり、笑顔も増えた。きのうは家族で回転ずし。このまま元の生活に戻ればいい。そう思った。今朝、バタバタと右往左往する妻。小学校の送り出し、2番目の娘を中学へ乗せて行き、次は長女。ところが長女がいつまで経っても起きてこない。頭が痛いと学校を休むのも3度目のこと。仮病というわけではない。本当に辛いのだ。妻と僕の見解は自律神経失調症。頑張れとは言わず、責めたりもせずに、気長に見...
4

SWITCHBACK

きのうは逆戻り。荒れに荒れていたようだけど、きょうは声掛けにも返事した。カミさんとボクとで目を離さないように、でも構い過ぎないように注意しながら声を掛けている。剥き出しのこころが隠れたり顔を出したり。前進したかとホッとすれば、不意に後ろに引き戻される。数ミリ進んでは何メートルもバック。それでも目の前の険しい山を越えなければいけないから、また前に進まなくてはいけないんだ。なるべく自分の力で進んで欲し...
4
このカテゴリーに該当する記事はありません。