ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

カモフラマニア

久しぶりにふらっと立ち寄ったホームセンターのチャンピオン。防寒コーナーを眺めていたら、他のものに隠れるようにひっそり1枚だけあったそのジャケットは、まるで自分が来ることを待っているかのようだった。迷わず即買いの2900円。ネオプレーンであったかいんだからぁ((((∩′エ`∩)))) 迷彩を見たら買わずにいられない迷彩バカの投稿...
4

わかさぎ第14戦/水窪ダム

山形のわかさぎ釣りもシーズン終盤となりました。先週からめっきり春らしくなり、市街地の道路はすっかり乾いてます。花粉も舞ってます。秋田や北海道で落水事故が相次いでいるようですので、転ばぬ先の杖ならぬ落ちぬ先のスノーシューをば。ホーマックで残り1個となり、在庫処分で売値から更に1000円引きで売られていました。さてさて本日は平日にもかかわらず、お休みをいただいて米沢は水窪ダムへ行ってまいりました。家を出た...
6

わかさぎ第13戦/板橋沼/露天ブラ

9時からお昼まで、とっても日差しの気持ちのいい日でした。テントは持って行ったものの張らず、ずっと露天でブラブラと。途中、ブログを見ていてくれてる方とお喋りしながらのんびり。この日は今季一番の渋さ。転々と移動しながら探ってもまったく魚信がありません。周りもサッパリの様子。あまりのアタリの無さに雪合戦してみたり。兎に角のんびり。帰りは息子が率先してソリを引きます。なぜならこれが定番の帰りみち。息子3匹...
4

ニコイチ

これにモータークラッチでしょ、タクトスイッチでしょ、高さ稼がなきゃでしょ、仕上がり汚いでしょって。まずボディーをニコイチに仕立てるのが難しい。面倒。綺麗に真っ直ぐ切れない削れない(;´༎ຶД༎ຶ`)これは自分の能力を超えてるな。取り敢えず手を入れたからには組み上げなきゃでしょ( •́ ✖ •̀)ショボーン...
4

パーツ選びはお宝探し

餅は餅屋と申しますが、近くの100均やホームセンターでは買えないパーツはあるわけでして、初めて電子部品の専門店に行って見ました。狭い店内にびっしりと配置されたパーツ類。スイッチひとつとって見ても数十種類。「すげーすげー」の連発です。おそらく目のキラキラ感は中学二年生にも負けていなかったでしょう。そのあとは何時ものダイソーにてリューターやら糸鋸やらを購入。その他諸々と袋いっぱいに買っても1600円ですから...
4

わかさぎ第12戦/暴風デート

子どもたちにフラれ、強風の吹きすさぶ中に嫁とふたり。10時から1時までの短時間でしたが、普段ゆっくり話すこともないので色々と話ができてよかったです。板橋沼は膝上までの積雪で歩行も困難なほど。到着して一息つく間もなくまずは地固め。時折吹き付ける強風で周りのテントもひしゃげています。飛ばされないように押さえてもらいながら、テントの四隅にペグを打ち雪を盛って設営。更に補助ロープを張りペグ留め。設営だけでも...
4

Gクラッチの取説

最近ではS-stickやGクラッチについて見ていただいている人がほとんどのようです。簡単に自作できるクラッチシステムとして、それなりに評価されてのことと嬉しく思います。それなりによく回って、それなりにトルクも得られ、それなりに釣りになる電動リールが自作できちゃいます。ただ、そこから先に実はキモがあるのですが、敢えてそこには踏み込みませんでした。それは何故か。どんなパーツをどんな位置にどんな風に配置している...
12

わかさぎ君とチカちゃん

数あるラインの中で自分が選ぶ基準は、一番に安いこと。次いでトラブルが少ないこと。海での釣りはほぼPEラインだし、たまのバス釣りも海のタックルをそのまま使ってるのでPE。その流れでわかさぎでもPEを導入した時期はあるものの、万が一のバックラッシュでシャフトに巻き込んだりすると高確率で切れてしまうし、パラダイス探しの露天巡りでは氷結して使い物にならなかった。そんなことから最近では全部のリールに巻いてあるのが...
4

わかさぎ第11戦/板橋沼/捨てる阿呆に拾うネ申

本日ももちろん、わかさぎ釣りへ。前日までは水窪ダムへ行くつもりでしたが、疲れからか起きられず断念。結局はいつもの板橋沼。到着して釣り糸を垂らしたのが9時半。テントを設営中にスノーモービルに乗った自然の家のスタッフに「ブログを見て自作電動の参考にさせてもらっています」という嬉しい声をかけていただきました。今回の釣り座は先行者の開けた穴を利用したのですが、かなり近い開け方で少々不安ながらも、雪の多さに...
0

わかさぎ第10戦/意気沈沈

kcn-factory4号機と自作の竹穂先連日のPTAの飲み会つづきでお疲れ。本日もゆっくり8時に家を出て、板橋沼でのわかさぎ釣り。自分の竿を出したのは10時近くだった気がします。家を出てすぐの国道で、後ろから猛スピードで追い越しをかけ、前に割り込んできた黒い軽。それだけなら怒ったりしませんが、そいつの跳ね上げた小石がフロントガラスに直撃。パチン!という乾いた音とともに傷が入ってしまいました。スタッドレスタイヤを履...
4

友人作の天才電動リール

わかさぎ釣りをしてみようと盛り上がり、誰もやったこともないにもかかわらず、そのうちの一人の友人が造ったリール。今から5年前のこと。kcn-factory4号機 BURN!別誂と勝手に名付けたそのリールは、桧原ローカルの疾風を見よう見まねで造りあげた逸品。仕上げの美しさや、もちろん実釣の面においての快適さには、とても素人が造ったものとは思えぬものがありましたね。ちなみにBURN!は当時のこのブログの名前。Rod and Beer には...
8

ミエナイチカラトハナンゾ

いつも覗いているいくつかのブログには、最近ますます考えがシンクロすることが多く、疑問に思っていることの答えをそこに見つけだすことが多い。もともとミエナイチカラトワルアガキにブログタイトルを変えたのも、見えない世界からの干渉が強くなり、自分のステージが上がったことを感じたからだった。以下「黒曜石は夢見ている」さんより転載~自分の得意なサイキック能力 あなたの得意な「クレア」は?★クレアボヤンス・・・...
0

わかさぎ第9戦/板橋沼のJUMBO

午前のみの強行。まだ暗い6時にこっそり家を出る。風もなく穏やか。路面の積雪もなく、沼へは40分のドライブ。平日とあって先行者の車は1台。アプローチの散策道も雪がなく歩きやすい。氷上にはなぜか2つのテント。手前のテントの親爺さんにご挨拶しながらインタビューしてみる。5時に釣り始めて7時現在で20匹だそうだが、6時からはアタリがないと言う。少し奥のテントは無人の様子。しかも何故か入り口が前後とも開けっ放し。主...
2

Gクラッチ横スプールのスタビライザーガイド

横スプールバージョンのS-stick Gクラッチモデルは、シャフトに仕込んだバネの効果で驚くほど軽い回転を誇ります。スプールの異動幅を極力抑えたことでバックラッシュや不意にラインが弛んだ際にシャフトに巻きつのを防止しているんですが、それでも極稀に巻き込んでしまうこともありました。原因は明白で、スプールから直近のガイドまでの距離が長かったこと。それならば間にスタビライザー的なガイドを追加してやりましょう。使...
6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。