ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

山形のわかさぎシーズンは未だ遠く

釣りの準備だけは進めておりますが、雪のない正月を久しぶりに迎えております。山形の場合、寒さで完全氷結するフィールドは無く、薄っすらと張った氷に雪が降り積もり厚い雪氷層を成すところばかりなので、今シーズンのように雪が降らなければ氷上の釣りは開幕しません。街中に降る雪は邪魔以外の何者でないのですが、降るべきところにも降らないのは困りもの。とりあえずシンプルなアルミスタンドを作ってみました。目新しいのは...
3

ゴルゴサンタ

北海道からクリスマスプレゼントが届きました。ワァ───ヽ(*゚∀゚*)ノ───イゴルゴのひとり言・釣り日記の気弱なゴルゴさんからです。穂先一体型のモデルをはじめ、最新モデルと手羽竿まで‼︎もう感激でおしっこチビってます。流石の作り込み。パーツの構成や配置、なるほどなるほど。細かいところまで考えに考えて作られています。作り手の真剣な眼差しまで伝わってきて、本物は違うなと改めて思わされました。家宝にします。ゴルゴさん、...
4

T3MX-SVと固定マグピクシーの素振り

どうにもこうにも我慢ならず、お昼ご飯を食べてから家の前の道路で試投を強行。手始めにインダクトローターを固定化したピクシー。ロッドはAbuのソルティーステージSBFC-832MLT-LA-KR。エギングで使っているロッドです。ラインはフロロ8lb。先っちょには3インチワームの1/16ozジグヘッドワーッキー。マグダイヤルの真ん中では、まぁまぁの距離でちょいライン浮き気味。ならばとマグMAXにすると、思いっきりブレーキが掛かる感じと...
0

SVスプール着弾

T3MX 1016SHL用にRCS SV1000 スプールを導入しました。IXAのベアリング付きです。指で弾いた感じではノーマルスプールよりも回転は落ちますが、それはSV(ストレスフリーバーサタイル)という名前が示すとおり、マグブレーキを強く効かせているからだと思います。ノーマルのオールラウンドモードでの回転がロングキャストモードで得られる感じ。ただ、ノーマルのインダクトローターのバネがものすごく硬いのに比べ、SVスプールのほ...
0

マグフォースVやめました

左が通常のスプール。右はカスタム後。ピクシーのスプールはマグフォースVのブレーキシステムのため、インダクトローターが遠心力で飛び出る仕組み。回転力が上がるとブレーキが強く効き、回転が落ちると磁力が弱くなる、いわば遠心ブレーキのいいとこ取りをしたマグネットブレーキ。ただ、オーバーハンドやサイドハンドに合わせてブレーキ調整をしても、ピッチングではまったくダメだったり、キャストによってバラつきがあった。...
0

パカパカ入りました

DAIWA T3 1016SHLT3の廉価版に位置付けられるこのリール。無塗装ザイオン剥き出しの真っ黒いスタイルは嫌いじゃない。むしろ好き。樹脂にカーボンを練り込んだこのザイオンという素材は、果たして剛性感はどうだろうという心配はあったが、いやいや意外にしっかりしてます。ベイトフィネスじゃないリールをとネットで探していたところ、ヤフオクにてこやつを見つけて即ポチり。これにSVスプールを組んでも2諭吉さんにお釣が来...
0

ベイトリールがおつまみ

なんなんでしょ、このワクワク感。ベイトリールって使ってて楽しいってのもありますが、眺めて、手にとってニヤニヤしながら酒を飲んでる瞬間がたまんないんですよね。レボLTZにスタジオコンポジットのカーボンハンドルを入れてみました。ダイワのコルクノブとブルーのカラーパーツ付きで安かったので手に入れました。で、レボLTにはLTZの純正ハンドルを付け、ノブはオリジナルのままに。LTZ純正のZPIのハンドルの質感がなんとも嫌...
0

初雪スモール@最上川

初雪が降っても釣れますね最上川。ものすごくパワフルだった40up。突然のバイトにも、バイトなのかスタックなのかを判断する前に体が勝手に反応してアワセていました。貴重なバイトを獲れたのも昔取ったナンチャラでしょう。ウグイも釣れました。どちらにしてもかなりスローな誘いが必要です。釣りもの的には海の方も行きたかったのですが、何せ遠すぎて山越えが億劫に。そろそろワカサギが恋しいです。...
0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。