ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

VARIVAS無反発

わかさぎシーズンも終わったというのに、ついつい、ついつい道具を増やしてしまっています。C-styleのカーボン穂先に感動し、激安じゃない穂先を色々とお勉強していたところ、目に飛び込んできたもの。「無反発素材」で「高負荷釣法」意味が分からないものの、動画も検索しーの視聴しーの。そしたら今日ポストに届いてましたね。2本も。VARIVAS ワークスリミテッド 無反発マテリアルモデル【VAR-285MT】 適合錘4〜15g+α 285mm...
0

C-style死んだー

C-styleのモーターが左右で音の大きさがかなり違った。モーター軸にオイルを注すだけで違ってくることは分かっている。ならばいっちょ注したりましょかということでモーターを外してみる。え? って言うほど固い。取れない。てか微動だにしないし。ペンチでエイヤって引き抜いたらなんと。千切れましたがな(゚〇゚;)配線ごとズボっと。泣いたぁー。ま、いっか。...
0

寒河江やきとり

地元の焼き鳥といえば、焼き"鳥"を謳っているものの、その素材は鳥ではなくブタ。だから正確には焼肉であり、串焼きといった方が正解。そんなことはどうでもいい。細かいことはひと口食べれば忘れてしまう。ただ単純に『うまい』のだから。上の写真は「はつもと」 心臓の根元の太い血管。コリコリでおいしい。...
0

C-styleとカーボン扁平35cm

初めて購入した市販品の電動リール。C-style ちょい早初めて購入したまともな穂先。C-style カーボン扁平35cm今までは1000円にも満たない激安の穂先を使っていて、プロックスの穂先を使ったときは感動したくらいだった。ぼくらがこの釣りを始めたころというのは「錘は軽くてなんぼ」「どれくらい軽い錘を扱えるリールか」という風潮だったと記憶してます。当然、友人の作ってくれた電動も0.5gがスルスルと素早く落ちるし、自分の作...
2

穂先とうどんとギックリなあたし

最終戦を終えたはずなのに、どうしても試してみたくて行ってしまいました。コーティングはしていません。剥き出しのままのカーボンです。本日はC-styleカーボン扁平を2本。たたき台はベルモント。たたき台の向きは始めは逆に使っていたのですが、手をついて体重をかけると不安定でしたので、途中からこの向きです。と言いますのも、車を降りたあたりから、「なんかヤだなー、変だなー、コワイなー、コワイなー」という感じがしまし...
0

フラワーテーブル

仕掛けや餌を購入しに行った地元のホームセンターで見つけた。釣り具のセール品のワゴンに一緒に積まれていた花台。分かって置いておくあたり、店員さんナイスです('ω')bお値段なんと200円。100均の花台と比べたら、大きさ、つくり、部材すべてにおいて別格。しっかりしてます。金属と違って熱伝導で雪が解けて傾いたなんてことにもならなさそうだし、たたき台としては今のところ最高かも。もちろん2つ購入しておきました。...
0

シーズン終了宣言するも新しい穂先着弾て

先日の釣行をもって一応の終了宣言となったわけですが・・・来ちゃいましたね、やばいヤーツが。先週頼んでいたものなんですが、サンビームの営業スパンと合わなくて、発送が目論見よりも遅れてしまい、本日の着弾とあいなったわけでして。【C-styleカーボン扁平】長いです。カーボン剝き出しです。先っちょ薄々です。たたき台もほぼ同時にきました。こちらはナチュラムからのベルモント社製。ステンと木の組合せがいい感じです。...
0

最終戦/横川ダム

本日は気合を入れて早起きして行って参りました。とは言え、3時半の目覚ましをスルーし、4時もスルー。5時の目覚ましでようやく起きた体たらく。朝靄に包まれた山間の道を慎重に運転しながら、目指したのは前日に引き続き小国町のダム。連日の片道2時間のドライブは流石に堪えますねえ。現着は7時半。橋の下流のポイントでは、小国わかさぎ会の大会を開催している様子。のんびりと釣りをしたいこともあり、今回は橋の上流へ入るこ...
0

第4戦/横川ダム

そろそろ終了の山形県のわかさぎ釣り。まだ可能なのは小国の横川ダムくらい。娘を誘ってみましたが「疲れてる。無理。」と素気無い返事。夜遊びばっかりしてるからだろうが、とは言っても無駄。真ん中の娘をバイトに送ったり、息子を部活に送ったり。結局いろいろとやることがあり、横川ダムに到着したのは11時近く。今回は初めて入る橋の下流域。テント村が形成されていますので、そのアウトサイド側にお邪魔することにしました。...
0

オープンベアリング

連日C-styleの話ですいません。どーも。新しいおもちゃを手にして浮足立ってしまっているこどもオジサンです。毎日触っているC-style。スプールを指で弾いてフリーで回転させてみても、やっぱりすぐに回転が落ち止まるのが早い。釣り場で感じていたストレスの原因は、ぽってりしたスプールだけには無いようだ。ルアーのベイトリールでもよくやることだが、ベアリングのシーリングを引ん剝いてオープン化させることにした。上下とも...
0
該当の記事は見つかりませんでした。