FC2ブログ

相馬野池もツライ

相馬のいつもの野池に先輩と行ってきましたよ。この先輩とはいつも1月とか2月とか真冬にしか行ったことがない。なんでそんな時期に行くのかってぇと、地元が氷結&降雪で釣りできないからですよ。じゃあ氷結しないところへ行けばいいじゃん、って安易な考えのもと選んだのが相馬。それが相馬野池へ通うきっかけだったりするのです。だから、初めて「釣れるかもしれない当たり前の時期」に相馬に先輩はドキドキワクワクだったに違いない。

途中、阿武隈川へ立ち寄りスモールを狙うことにした。川へ到着したのが11時半頃。やや増水ぎみではあるものの釣れない水色ではない。期待を込めキャストを繰り返してみるものの全くもって反応がない。いつもは見えている中州も水没。川のバスはちょっとの変化で付き場が変わるので難しい。

昼も過ぎたので相馬へ移動。池に着くと、まるで後を追ってきたかのように2台の車がやって来て、1台の車の二人組が「ここって、釣れるんですか?」だって。着けたなコノヤリョー!!!

nabe.jpg

二人組が離れてすぐに先輩が魚をぶら下げてやがる。いつの間に釣った?やるなコノヤリョー。静かすぎるよ。バシャバシャもなかったぞ。何で釣った?センコーか。そおか。よおおし!釣れるべ!
同じようにやるも釣れない・・。
しばらく釣れない時間が続き少し裏手へ回ることにした。


すぐに目に入ったのはおそらく誰も撃ってないであろうややこしい倒木。当然ファットイカの登場!
倒木の深い方へキャスト。フォール・・・・・
・・ツイ~ン・・
来たああああああああ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
CA280245.jpg

結構いいかも!!!!! 
菱藻へ潜ったバスは予想以上に重い!!
ラインは10ポンド。無理はできないが藻化けもイヤ!少々強引にリフト。
50行ったかと思われた正体は45cmのゲロ痩せ真っ黒バス。
半分以上藻の抵抗だったね。残念。
でもまあ、今日も釣れないのかと半分あきらめていたから正直ホッとした。



その後もしばらく沈黙の時間が続き、さらに奥へ移動。
ロッドをハチェットエボに替え、バレットのギルカラーのワッキーを落とすと飽きるほどバイトがある。
CA280247.jpg

ここはでっかいギルの巣窟だったよう。
20cmオーバーのデカギルが5枚釣れた。
まじで持って帰って食べようかと思っちゃった(笑)
引き味はまるでチヌ。見た目はピラニア。先輩も楽しんだようでよかったよかった。





時計を見るとすでに3時半を回っている。
5時半までに帰りたいのでもう最後のトライ。も一回堰堤側をやることにした。
しばらく菱藻の間を攻めていると、はるか向こうで魚が跳ね始めた。水面も心なしかざわつき始めているよう。
時合いか?そう思ったボクは菱藻エリアと菱藻エリアの間、何もない空いたところに移動。

ギルに好評だったバレットのギルカラーワッキーをポチョリ。
クンッ!
おっしゃ!!!来た!!F3がしなる。心地よいしなり。パワー負けしていない。余裕で寄せてきてランディング。上がってきたのは42cmの色白バス。
ハチェットでの記録更新。
CA280248.jpg

やったね!気持ちよく帰れる!!
って、やばいし!!! 間に合わねぇ!!!!! 
おしっこチビリそうなほどすっ飛ばし帰ったのは言うまでもないよねん。

何とかして絞り出した。そんな釣りでした。



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/100-56d03dbf
該当の記事は見つかりませんでした。