ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シツケってなんだろう

シツケ、躾、しつけ。
しつけって何だろう。
都合よく振舞って欲しいから?
思い通りに動いて欲しいから?

子どものしつけも、犬のしつけも同じだと思う。
子どもや犬、本人のためと言いながら、大義名分を振りかざし、結局のところ自分のために行っていないだろうかと。
エゴイズムの押し付けではないのかと。

うちのグリもシツケ教室に通い、3週間と言う短い期間ながら預け入れの訓練もお願いし、一応のシツケはできたつもり。
でも思うんですよ。
きちっと横に座り、平伏す姿が本当かと。
帰ってきたときはあまりの豹変振りに正直戸惑いました。
これがうちのグリ坊かと。
自然と横に座り、平寛いでいるのであればいいんですけどね。
なんか違うんじゃねーの、と。

チョークチェーンやハルティーで言うことを聞かせ、エサで釣って言うことを聞かせる。
なんだかまるで軍隊みたいで、やってる方も息苦しい。
でもせっかくお金を掛けてやれるようになったんだから継続しないと・・・
でもでも、ほんとにこれでいいのか・・・
自分の中の葛藤です。

最近、いろんな方のわんこブログを拝見していて、のびのびと生き生きと輝いている姿を見るにつれ、その思いは深くなるばかりでした。

訓練やしつけを教えてくれる先生と言えば、たいていは同じやり方だと思います。
とくにぼくの住む山形県では他のやり方を聞いたことがありません。
一時は自分なりのやり方を見つけたくて、ネットで散々検索し、夜な夜な読み漁ったものでしたが、一人で実践できるようなやり方までには辿り着けませんでした。

そして最近こんな記事を見つけました。
それにはこうありました。

  ■++++++++++++++++++++++++
一昔前の古い考え方によれば、次のように説明される。
犬が攻撃的なのは、犬が飼い主よりも自分の方が順位が上だと思っているからである。それは、飼い主が犬の言うなりになっているからだ。また、空間的位置関係も順位の確定には重要なので、自分よりも高い場所に上がらせたりせずに、自分がしっかりとリーダーの位置におさまらなければならない、と。
一見、犬の考え方に照準を合わせた認知的アプローチのように見えるが、残念ながら「犬が飼い主よりも自分の方が順位が上だと思っている」となぜ言えるのだろう。
その根拠として、主従関係は犬の特性そのものであると証明されていることをあげていたりするのだが、残念ながら主従関係=「完全タテ型の上下関係」なるものが犬の特性であるという説は、証明されていないばかりでなく、21世紀の犬に関する諸研究においては否定されつつあるのである。
  ++++++++++++++++++++++++■

上記は、ドッグウォーカー博士のスローライフというブログです。
ほんの一文ですが、犬との関わり方、その考えについての特徴がよく表れている一文だと思います。
まだ読み始めたばかりなのですが、とても興味ある記事がたくさんありますので、すべての考えが合致するかどうかは分かりませんが、何かしら得るものがあればと読み進めることにしたいと思います。

ぼく自身、愛情あってのしつけが大事だと思いますので、エサで釣ったり絞り上げたりのやり方には反対なのですが、訓練を受けて尚更その思いを強くしたところです。
子どもだって一緒。
「ほら、おもちゃ買ってあげるから早くしなさい」
これではエサが無いと何もやらない人間になってしまうでしょう。

とは言え、他人に迷惑を掛けない程度のことは教えていこうと思うのです。
一緒に生活する上での最低限学ばなければいけないことは、犬と言えど同じ。
基本的なルールは、生活の中で学ばなければなりません。

子育ては人も犬も難しい!
実際のところ、正解なんてどこにも無い気がします。
思いどおりにいかなくて当然。それぞれに命があり、気持ちがあるのですから。
子育ては自分育ての旅だと思いながら、かみさん共々頑張っていこうと思います。
ときには寄り道しながら、ゆっくりと。


※ダラダラ長いだけの文ですが自分に言い聞かせるためのものです。
 現実はそう上手くばかりいきませんよね。
 気分を害された方がいましたら何卒寛大な心でご容赦願います。

関連記事

-12 Comments

のん子 says...""
はじめまして…突然のコメ申し訳ありません…。。
いつもブログ楽しみにしてます♪
私は無理なしつけ反対派です。しつけはもちろん大事だと思います、でもそれは、集団生活の中のルールやモラル程度です、我が家のワンはソファー占領ベット占領あたりまえ…でも、吠えたり・威嚇した時はしつけます。
人の迷惑になる事以外は緩いです…これが正しいかは分かりません!シーザー・ミランの『あなたの犬は幸せですか』は読んだ事ありますか?私は今まで読んだ犬の本で1番納得できました、もちろん全部は自分に合ってると思いませんが。
わたしも、寄り道しながら・その子に合った接し方でいいんじゃないかと思います。
間違えたら軌道修正しながら。。
2010.08.30 22:32 | URL | [edit]
gajin says...""
のん子さん★
はじまめして、そして丁寧なコメントありがとうございます。
釣り以外の人からコメントをいただくのは新鮮で嬉しいものです。
こんなアフォなブログを楽しみにしているだなんて、アフォ菌におかされても知りませんよ(笑
シーザー・ミラン氏についてちょっとだけ検索してみました。
凄く興味がわきましたので、おすすめの本も是非読んでみようと思います。
いっしょに間違ったり、励まし合ったり、そんなユルさも大事なんじゃないでしょうかね。
ありがたいコメントでした。励まされ、こころがホッコリ温かくなりました♪
ほんとにありがとう。今夜は感謝を胸に眠りにつけそうです。
2010.08.30 22:44 | URL | [edit]
bambimama says...""
愛情あってのしつけ、本当にその通りだと思います♪
こうしてブログに御自分の思っている事を素直に書けるなんて尊敬してしまいます。
私も躾について記事にしたい気持ちはあるけれど、なかなかです(笑)
きっと、バンビ家の環境は特別だから・・・と言われるでしょう。
ドッグウォーカー博士のスローライフ、とても共感出来るブログです。
良いブログを教えて下さってありがとうございました!
ときには寄り道しながら、ゆっくりと・・・私も頑張ります!!
2010.08.31 06:18 | URL | [edit]
gajin says...""
bambimamaさん★
いえいえ、ただ単純なだけです。
何かを書きそれをネット上にアップする以上は、こちらの責任もある程度覚悟の上で書かなければならず、難しいことと思います。
バンビ家では、バンビにクララ、ゴンすけ、ちびた、タンタン、みんな幸せだと思いますよ。
色々書きましたが、結局、家族のあり方がそれぞれ違うように、犬とのかかわり方はそれぞれ違いがあって当然とも思うんですよ。
ひとつだけ言えるのは、みんな愛情を持って育ててらっしゃるということかなと。
そんな皆さんをぼくは尊敬しております。
2010.08.31 08:43 | URL | [edit]
JP says...""
短い犬のいのち、うちは小型室内犬だし、犬のきままにさせてます。ベッド一緒もOK、おしっことウンチさえシートをはずさなきゃOK そーゆーレベルの話じゃないね 笑

でも、大型犬は、公園とか外で寄ってこられると正直怖いときもあるので、飼い主の一言で横にピタッっととまったりひれ伏すとかはアリじゃないかな~、町で育ててる以上は、と思いますね
2010.08.31 09:06 | URL | [edit]
ダルっちょ says...""
まさに、今のうちにとってグッとタイミングの内容でした。
今まで、他のお宅のワイマと比べていい子で通ってきたので、今回のうちの事件は私たちのグランに接する方法が間違っていたのかとかなり悩んでいます。
ほんと、子育てもワンの躾も難しいですよね。
エサや、力で押さえ込んでもしょうがないですし、
子供もワンも親の顔色うかがって過ごすようにはなって欲しくないですもの。
だからって一緒に暮らす以上、好き勝手ばかりさせるわけにもいかず、人様に最低限迷惑をかけずに生活してくのがお互いの幸せだし。
どういうやり方がいいのか今検索中です。訓練士さんに
預けても私たちの接し方が間違っていればそれまでなので、うちに来てくださるセラピーさんを探してみるつもりです。
どれが、正解なのかわからないのでいろいろ模索してやっていきます。
グランや子供達がニコニコで過ごせるように私たちが頑張るしかないですね。
2010.08.31 09:09 | URL | [edit]
gajin says...""
JPさん★
そのとおりですよ。
ある程度のマナーのためのしつけは必要だと思います。
最低限、待てができないと、色んなところに出掛けることは困難ですもんね。
小型犬だから、大型犬だからというのではなくて、きちんとトイレができてればいいんじゃないですか。
一緒に寝ようが、自分より高いところに座ろうがOKだと思うんですがねぇ。
2010.08.31 09:57 | URL | [edit]
gajin says...""
ダルっちょさん★
グランちゃんの今回のことに関しては、正直なところ少なからず影響を受けました。
訓練って、しつけってなんだろうって。
訓練士に預けても、家に戻ってきて同じことを継続しなければあっという間に元に戻りますし、同じことをやるのは可哀相に思うこともあります。
ビビリが故に吼えたり咬みついたり、というのはあるんでしょうね。
うちのもホント、びびる大木もビビッちゃうほどのビビリ屋さんです。
たくさんの人に会わせ、たくさんの犬にも会わせて、環境の変化にも強くなって欲しいという思いから、しつけ教室には通うことにしています。
しつけが目的ではなくてね。
どれが正解かなんてわかんないですが、ワンも人も笑顔でいれたら、それが正解なんだと思いますよ。
ま、なんですか、ある意味、応援メッセージとお受け取りください(照
2010.08.31 10:07 | URL | [edit]
bambimama says...""
おぉ!TOP画像素敵です~♪
2010.08.31 19:21 | URL | [edit]
gajin says...""
bambimamaさん★
ありがとうございます~♪
たまの気分転換に。
うちの長女とグリュックです。
雪原にノッケてみました。
2010.08.31 19:49 | URL | [edit]
び~だま。 says...""
ほんと、素敵!
お嬢さん可愛いですね。
ってことはgajinさんもカッコいいのかしら(笑)

躾って変な言葉ですよね。
ウチも強烈にいろいろありましたよ。
考えない人なんていないと思います。
みんなケースバイケースなので、人の話を鵜呑みにするのも正しくないし、でも参考にもなるだろうし。
あたしの場合は、アガサではなく、あたしがダメだったんだと気づいたときがゼロ地点でした。
褒めて躾けるって言葉も流行りましたけど、犬種と環境によっては、周りが許してくれないこともあったりですよね。
2010.09.01 01:47 | URL | [edit]
gajin says...""
び~だま。さん★
しつけの方が訓練よりはまだしっくり来るのかなと思いますけどね。
やっぱり、みなさん大なり小なり何かしら抱えてますよねぇ~
おっしゃるとおり、人もそれぞれ、犬もそれぞれ。
すべてが参考になるわけではなく、いいとこ取りでいいんじゃないかと(笑

お褒めいただき光栄です。
ちなみにぼくは、ただの小っこいおっさんですよ。
長女は突然変異です(爆
2010.09.01 07:42 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1044-f73ea0b2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。