ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇襲犬

昨晩のグリ散歩。いつものようにテクテクと。
とある住宅街。いつもやる気満々の和犬のいるコース。
いつもと違い、グリがずいぶん遠くから臨戦態勢。
リードを引き千切らんばかりの勢いで引く。
リードの付け根を踏み、強制的に伏せの体制を取らせた瞬間だった。
一瞬のうちにグリの首元に低い体勢で飛びつく影。
低い唸り声をあげながら飛びついた影は、やる気満々のアイツだった。
一度目の攻撃は失敗だったのか、執拗に噛みつこうとするそいつの横っ面に蹴りを入れ迎撃。
体制も不十分だったので蹴りが浅かったのもあるが、一瞬だけ怯んだかに見えたそいつは体制を入れ替えてグリの側面に狙いを絞る。
グリも必死の反撃を見せる。
この時だけは「やってしまえ」と思いつつも、悪い経験になることを恐れ、リードでグリの体制を指示しつつ蹴りで牽制。
反撃したグリの体高と攻撃性に怯んだのか、はたまた飼い主の攻撃性に怯んだのか、猛ダッシュで自宅に逃げ込んだそいつ。
恐らく係留されていたはずのチェーンが外れていて、他犬の気配に息を殺して様子を覗い、相手が身動きできない状況になったとわかるや、ここぞとばかりに奇襲を掛けてきたのだろう。
取りあえずグリの体中を弄り、怪我がないかを確認。
グリも散歩どころではない様子だったので急いで帰宅した。
何事もなくて良かったが、これがアンジーだったら怪我は免れなかっただろうし、何より子どもやか弱い人に対して攻撃を仕掛けていたらと思うとゾッとする。
住宅地図で名前を確認し飼い主に電話を入れ、事の顛末を報告。
急いで繋ぐようにお願いした。
他人事でないだけに怒るわけにはいかず、優しく丁寧な口調だったのは言うまでもない(苦笑)

関連記事

-12 Comments

bambimama says...""
ドキドキしちゃいました。
怪我がなくて本当に良かったです!
しかし、gajinさん大人ですね~
少し前、私もごんすけの散歩中同じ事がありました。
近くの別荘から突然柴犬がノーリードで走ってきて
足の悪いごんすけをガブガブ・・・(汗)
慌てて飼い主が出てきたのでカッとなって文句を言って
しまいました。謝ってくれましたが・・・3度目なんです!
でも、ホント、gajinさんが仰るように他人事ではないのですよね。
反省だわ。ホント、うちにも起こり得る事ですもんね。
グリくん、トラウマにならなきゃいいですね。
2011.01.11 20:49 | URL | [edit]
gajin says...""
bambimamaさん★
ほんとお互い怪我は無いのが何よりでした。
最初はカッとしましたよ。
追いかけていって蹴り倒そうかと思いましたもん。
でも、グリの身体を見たり、家に帰ってかみさんに報告したり、電話を入れる前には冷静になってたんでした。
性格を分かり切ったかみさんにも何も言う前に諭されましたしね。
それに、うちのも攻撃性がハンパないですから、人ごとではないんですよ。
3回目だったら怒ってもいいんじゃないですか。
逆に大人としては怒ってあげるべきですよ。
2011.01.11 21:07 | URL | [edit]
び~だま。 says...""
良く我慢できましたね。「やってしまえ」と思いながらも今後のことを考えてあげたこと、女性は咄嗟に出来ない場合が多いです。
相手の飼い主さん、冷静に聞いてくださったのですか?
もしかしたら、gajinさん以外からもクレームが出ていたかもしれませんね。
今後も油断大敵!そんな相手に限って自分ちの子がどうこうあったら大騒ぎされるかもしれません。
2011.01.11 22:53 | URL | [edit]
gajin says...""
び~だま。さん★
自分だってひとのことをとがめられる飼い主じゃないですから。
いつ加害者になるか分からないわけで・・・
確実な状況が分からないだけに、強く言うことはできませんでした。
わざとフリーにしていたのが分かっていたらまた違っていたかもしれません。
相手の人は電話越しの感じでは気づいていない様子でした。
簡単な謝罪の言葉はありましたが、どんな状況か聞き返しもしてこなかったので、あまり感心はない人だろうということも、あまり礼儀のない人なのかもしれないということもあって、それ以上関わりを持つ気になれませんでしたしね。
一度や二度の過ちなんて誰しもあること。
毎度毎度と同じようなことがあれば、そのときは・・・ですよ。
2011.01.11 23:08 | URL | [edit]
みき says...""
ハラハラドキドキしました!
今大事な時のグリ君を一番に考えたのがすごい!
冷静でしたねー。
蹴られた和犬ちゃんもかわいそうだと思ってしまうけどわが子守るには仕方ない!
あたしも同じ行動をしてたと思います。
でも、オーナーさんがしっかりしていてくれれば、蹴られなくて済んだのに。
やっぱり、オーナーさんが悪いですね。
もし違うおうちに行けていれば、こんなことにはならなかったのに。和犬ちゃんもかわいそうな被害者だな・・・。なんて思ってしまいます。
でも、ホントにgajinさんもグリグリもケガしなくてよかった。
2011.01.12 00:00 | URL | [edit]
ぐーまま says...""
考えさせられる記事でした。
び~だま。さんの様に 咄嗟に抑えきれない自分も
十分ありえるし
みきさんの様に 和犬が可哀そうと思う自分も居たり…。
アレコレ考えると 我が子を守るためにけっぱくってる
自分が居て、その場で怒鳴り込んで 
説教たれちゃいそうな自分が見えました。
こういう飼い主だけには なりたくないですね。
君子危うきに近寄らず…
コースは変えたほうが 良いかも知れませんね。
2011.01.12 01:21 | URL | [edit]
やなぎ says...""
大変でしたね。 
お怪我が無くて何よりでしたが、散歩に連れて行ったのがgajinさんだったから無事で済んだものの、娘さんだったら、どうなっていたか考えると怖いですね・・・
年末にハチも近所のゴールデンに奇襲されましたが、事無きを得ました。
人事ではないので、被害者にも加害者にもならないように注意が必要ですね。
2011.01.12 11:12 | URL | [edit]
gajin says...""
みきさん★
かわいそうだけど蹴らねば。
加害者にならなくて済んだでしょ。
たとえば、向こうからナイフを持った小学生が襲い掛かってきました。
かわいそうだからと言って刺されますか?
そういうことです。
2011.01.13 17:48 | URL | [edit]
gajin says...""
ぐーままさん★
まさに君子危うきに近寄らず。
コースは変えることにしました。
我が子を守るだとか、相手がかわいそうだとか、そういうのは考える隙がありませんよね。咄嗟のことですから。
飼い主も反撃に加わることで2対1という状況を作ったことで、相手が逃げてくれて良かったと思います。
何事もないのが一番なんですけどね・・・
2011.01.13 17:58 | URL | [edit]
gajin says...""
やなぎさん★
ほんとそうでしたよ。
かみさんや娘だったらヤバかったです。
ハチくんも奇襲事件が・・
お互い様という気持ちで、気を付けたいものですよね。
2011.01.13 18:03 | URL | [edit]
のん子 says...""
うわぁ・・・大変でしたね(^^ゞ
でも・・グリ君は勿論gajinさんも怪我がなくて良かったですね!ウチもむぎ太がロングリードのダックスに齧られた事がありました・・大事なのは…その時の飼い主の対応ですよね!私の時は謝りもせずに・・すました顔で去って行きました…後から怒りがこみ上げてきましたが、そんなヤツ相手にして腹たたててもしょうがないので諦めましたが…(^^ゞ・・今後も気を付けて下さいね!
2011.01.13 21:09 | URL | [edit]
gajin says...""
のん子さん★
みなさん被害者の経験があるんですね~。
うちは加害者の経験もありますから、なんともかんとも、ニントモカントモ、忍ニン!でござるよ。
2011.01.13 21:51 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1151-08a9066b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。