ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことわり/理

ツイッターのプロフィールにも、今生での役割が見え始めていると書いた。
ただ漠然と、おぼろげながらに見えるものがある。
過去世でのつながり、カルマ、真理。
それらはことばとして、ときにイメージとして現れ、分岐点では案内役の人が待っていてくれたり。
マスターとしての案内人、記憶を呼び起こすスイッチとしての案内人。
まだ理解しているとは言い難く、ぼんやりとだけ。

ツイッターのつながりの中で、興味深いつぶやきを見つけた。
ホームページもあったので覗いてみた。
神とか信じないので、すべてを肯定することはとてもできないが、要所要所のことばに感じているものと同じものを見つけた。
真理のことは神理、神のことわりと表現しているようだ。
神なんてものがいるのなら、なんて罪深い存在なんだろう。
宗教などというものはファンクラブでしかない。
アイドルを祭り上げ血の争い。
嘆かわしい。
そのページは宗教ではないが、別に紹介するようなものでもなく、オススメもしないけど、自分のおぼえがきとでもいうか、ショートカットとしてリンクを張っておこうと思う。
・・・LINK(つり)”LMR”

*** 抜粋 ***

人生という列車の、ただ1回の自分だけの旅の中で最も大事な目的は、過去世からのカルマの精算と愛を学ぶことです。たとえその列車にあなたが乗らなかったとして、他の列車に乗っても、喜びも悲しみも同じだけやってくることでしょう。そして、たとえその景色が、乗り合わせる人の顔が変わったとしても、学ばなければいけない課題は同じなはずです。

関連記事

-2 Comments

ぐーまま says...""
>たとえその景色が、乗り合わせる人の顔が変わったとしても、
学ばなければいけない課題は同じなはずです。

なんとなく… 今回のことのように思えました。

カメラを向けられた人は みんな
胸の痛みをキレイな言葉で語るけど
文句のひとつも、嘆きや、悔しさもぶつけたいはず。
私にはまだまだ、学ぶ課題が多そうです。
2011.03.16 08:23 | URL | [edit]
gajin says...""
ぐーままさん★
そういうとらえかたもできますね。
カメラを向けられると、どこかはにかんでしまたったり、取り繕うような言葉になってしまうんでしょうね。
関東もえらいことになってるようですので、考えて、選んで行動して乗り切ってくださいね。
2011.03.16 08:33 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1185-1993dc91
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。