ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族なんだ

今さら言うまでもなく、釣り部門は縮小気味。
今後は写真や犬のことが多くなっていくと思われる。

最近、グリの様子が変だった。
どうも日中に我々(ぼくとかみさん、それに子ども達)がいない時間帯、いじめにあっているようで、犯人は退職して暇を持て余したジジイ。
ワンワンと鳴くたびに爆竹で脅している。
天罰法なんてもんじゃない。虐待だ。
まったくなんて奴だ。
前々から頭がおかしいとは思っていたが想定の範囲外。
癌の手術をして体調も思わしくないのか、苛立つのはわからないでもないが自己中過ぎる。
もうかかわり合うことをやめようとさえ思う。
これが親かと思うと情けない。
「子どもは親の面倒を見て当たり前」
そんな阿呆なことを未だに本気で思っているのだからどうしようもない。
犬にばっかりかまけて親の面倒を見ない親不孝者、と思っている馬鹿。
自分の親の面倒も見ていないのに?
親が子の面倒を見るのが当たり前であり、その子がまた次の世代へと繋いでいくのが本来の姿だろ。
親が自分のことをできなくなったら、助けを必要としたなら、そのときは助けてあげればいい。
見返りを求めて生きているから不幸になる。
不幸になるのではなく不幸だと思い込む。
その思いは更なる不幸を生み、まさに悪循環。
そんな父親の悪口を子どもや孫たちの前で並べ立てる母親もまた罪深い。
負の念は部屋の空気を重くし、意識しないところで人を刺激する。
苛立つ感情がそこにいる人を支配してしまう。
だから悪口を茶菓子にするのは止した方がいい。
悪口なら余所でやってこい。

話しを戻す。
グリは二階の住人に怯え、精神を病んでしまうところだった。
声を出すことを躊躇し、悲痛な心の叫びさえ上げられないでいる。
かみさんはもう手放そうかとも言った。これ以上は可哀そうだと。
だけどそれでいいの?ほんとにそうか。
子ども達を交えてきちんと話した。
手放せば不幸な出来事だけで終わってしまわないか。
もっともっと愛情をかけて守ってやれないのか。
子ども達は帰ってきてすぐにTVの撮り溜めに見入り、ゲームばかりしていやしないか。
仕事をしている我々のいない間、もう少し一緒にいる時間をつくってやれないか。
できることを精一杯やってあげよう。
そんなことを真剣に話し真剣に聞いた。

昨夜からグリはアンジーと同じ部屋で寝ている。
子ども達は早起きし、グリとアンジーの面倒を見た。
TVもゲームも少しお休みする約束もした。
少し落ち着きを見せたかと、そんな少しの安心をかき消すように、朝ごはんのあと嘔吐を繰り返したグリ。
夏バテも重なったのかもしれない。
心配なので病院に連れて行ってもらったところ、熱も少しあるという。
肝機能も少し低下しているかもしれないというので薬を処方してもらった。
ついでに精神安定剤も。
飲ませるかどうかはもう少し様子を見て判断しようと思う。

不幸中のナントカではないが、このタイミングでもう一度ぼくら家族が強く結びつくいい機会のようにも思う。
ここで頑張らねばこの先ずっと後悔するだろう。
まだ何もしてあげれてないという思い。
これから先の方が楽しみが大きいんだという思い。
絶対に手放したりはしないし、ストレスからだって守ってやるんだという決意。

人は誰しも罪深き生きもの。
己の罪を隠し人の罪を裁く。
己の不幸に嘆き人の不幸を嘲笑う。

ヒトデナシな父親も、なんだかんだ言って家族。
年長のくせに魂が一番幼い。
この世でもう少し修行してもらわねば。

関連記事

-10 Comments

JP says...""
ツイッタの件はコレだったのか・・・
これ書くの辛いよなぁ。読むのもだけどさ
2011.07.12 14:58 | URL | [edit]
バンビママ says...""
辛いですよね。 皆さんですが、特にgajinさんお辛いですね。
私も自分の母に同じ感情を抱くことがあります。
同居して一生懸命世話しているつもりでも、当の本人は全く
そう感じていないようで・・・たまに施設に入れちゃうぞ。とか、
思う事も正直あったりして。
しかし、爆竹っていうのはちょいと・・いや、かなり酷いですね。
バンビだったらショック死しちゃうかも。
グリくんの調子いかがですか?
言葉は話せないけど家族ですもんね!
どうか全てが好転するよう応援しています。
2011.07.12 15:07 | URL | [edit]
マチャキ says...""
家族って、血が繋がってるだけに、他人以上に難しい時がありますよね。

大変だとは思いますが、いい方向に向かっていかれますように・・・
2011.07.12 18:57 | URL | [edit]
gajin says...""
JPさん★
お見苦しいものを書いてしまいました。
こころの膿を絞り出す作業が必要なものですいません。
2011.07.13 09:57 | URL | [edit]
gajin says...""
バンビママさん★
お察しいたします。
以前の記事にもそう書いてありましたものね。
ようやく一緒に出掛けたり食事したりできるようになったとか・・
血が繋がっているだけに辛いというのはありますからね。
吐き気はプリンペランで治まりました。
弱虫の意地っ張り気質の甘えんぼグリ。
がんばってます。
2011.07.13 10:07 | URL | [edit]
gajin says...""
マチャキさん★
そのとおりだね。
何もないひとはいないと思う。
何かしらみんな抱えて生きてんだ。
2011.07.13 10:10 | URL | [edit]
び〜だま。 says...""
あたしは幸いにも見返りを求められていることを感じもせず、口にも出さない、与えてくれるのはお金でもモノでもない親心だけ、の親に育ててもらったことをいつも感謝しています。でも、それを理解したのは、あたしが「嫁」という立場になったとき。
「嫁」の場合は、このようなことは一切書けません。
だからこそ、とても解る。ここまでしか書けないけど。(笑)
グリちゃんのこと、夏休みを迎えるにあたって丁度いい時期だったのかも知れないと思います。きっと、そういう巡りあわせだったようにも思える。助けてあげられるようになってる子なんですよ。これが、夏休みが終る時期だと最悪だったかも。
どうにか癒してあげる時間が目の前に開けていることを心強く思いたいです。
笑顔いっぱいのグリちゃんのお写真をまたどんどん見せてくださいね。
2011.07.14 12:34 | URL | [edit]
gajin says...""
び~だま。さん★
なにもウチに限ったことだとは思いません。
同じ思いで苦しんでいる方はいると思います。
こういうことを書くことで、同じ思いの人の分まで軽くなる気がします。
ブログって、ネット発展ってすごいことですね。
巡りあわせやタイミングは完全に「アリ」ですよね。
理由があって巡り合い、集まっているということを強く意識するようになったのは、父という立場になってからでした。
不思議な体験の理由や、これからやるべきことなどをはっきりと自覚するようになったのはここ数年です。
ある女性との出会い、そして20年前から出会っていたにもかかわらず、あることがきっかけで最近ようやく話をするようになった男性がきっかけでした。その二人は僕にとっての道祖人だと思います。

笑顔いっぱいの写真は、そう遠くない将来ですよ。
きっと。
2011.07.14 13:17 | URL | [edit]
のん says...""
おひさしぶりです!
グリ君大丈夫ですか????
私の両親はすでに他界してるんですが!生きてる時は色々苦労かけられました(^^ゞ
その嫌な親の背中を見て、私は絶対にこんな人にはならないと…心に決めて生きてきました!
『願いは必ず叶う!』の言葉が大好きです!
    gajinさんファミリーの 一家笑苦…祈ってますよ!
2011.07.19 22:54 | URL | [edit]
gajin says...""
のんさん★
グリはもう大丈夫!と言ってもいいくらいに落ち着きを取り戻しましたよ d(-`ω´-〃)
みなさん何かしら背負ってらっしゃるもんですね・・・
しかし家族って何だろ?
肉体は物理的な繋がりでしかないわけで、魂が導き合っているのなら、憎しみを生むような者が一緒になるのも特別な意味があるのか、先祖を祀らなければならない意味は何なのか。鼠算式に魂の繋がりが増えていくわけで。最終的にはひとつの集合体になるということなのか、なんて。
考えれば考えるほど不可思議です。
願いが必ず叶えば嬉しいけど、ぼくならこうです。
「思わざれば動じず。動かざれば叶わず。」
2011.07.21 23:07 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1241-8e5c5485
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。