ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

電消しリール/最終形態

DSC05688.jpg

指で何度も弾いて慣らしを終えて、パーツの微調整の末スプール問題も解決。
弐式のフリークラッチには指で弾けるように突起を付けた。
壱式・弐式とも、巻き込み防止兼用のガイドをラインが挟まったりしないように加工し直し。
お尻には落下防止のストラップを。

見た目も可愛く仕上がり、なかなかの出来具合に満足。
自分もこれを見ながら焼酎でいい感じに仕上がりチュウ。


 

◯ おまけ ◯
DSC05689.jpg

モーター軸から伸びる突起も、ツルツルに削ってしまったら濡れた時に滑ることが分かったので、カッターの刃をライターで炙りギア状に。
ラバーのデコボコと相まってとってもトルクフルでスベラーズ。
ただし振動が大きくなりトップのナットが緩むようになったため、今度はこちらのゆるみ止め対策が必要。

次から次へとキリが無いようで・・・・  おもしろい。

ちなみに電池交換は写真のように右へ捻ればパカッと簡単に開く。
使用時はスプールが上から押さえつけるため開かない。
関連記事

2 Comments

ji-ji says...""
popな色使いがグッドだね^^b
2012.11.19 13:08 | URL | [edit]
gajin says...""
でしょでしょー!!
でもコレね、ピンクの回転の悪さに腹立って壊しちゃった(テヘペロ)
たぶんベアリングが真っ直ぐ入らなかったんだと思う。
なので今はどっちも黄色のスプール。
100均のプラボビンだからバラツキがあるんだべな。
2012.11.19 23:21 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1503-9ee6b8f2
該当の記事は見つかりませんでした。