ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解けないこころ

IMG_1601_20121220084904.jpg

きのう、ようやく素直に自分の気持ちを話そうとした娘。
頑張ってるから、心配かけてごめんね。
そんな内容だったようだ。

いざとなったら色んな感情が溢れてきて、結局は言えず仕舞い。
おまえらのせいだ。
なんにもわからないくせに。
もう絶対信用しない。
そんな言葉しか出てこなかった。

助けるどころか、かえって苦しめてしまっていることが腹立たしく悔しい。

写真は去年の雪遊び。
こんな風にゲラゲラ笑って遊べる日が来るとは今は思えない。

共倒れの予感

関連記事

-6 Comments

ji-ji says..."笑いあえる日"
いつかまた来るよ

力が足りない、と悔しがり悲しむコトのできる君の家族だからね
2012.12.20 15:01 | URL | [edit]
gajin says..."No title"
。゚(゚´Д`●゚)゚。わーん
ありがとねん
2012.12.20 18:26 | URL | [edit]
びびまま says..."No title"
おとーさーん、しっかり〜。
共倒れなんて考えちゃだめですよ〜!
でーんとして、でーんと(笑)
ゲラゲラじゃなくたって、くすっとでもあればいいくらいの気持ちでね〜(笑)
gajin says..."No title"
ありがとうございます。
ちょっと弱音吐いちゃいました。
デーンといつもどおり振る舞ってます。
ぼくはもう大丈夫。
2012.12.20 23:29 | URL | [edit]
てちこ says..."No title"
子育てしてない私が差し出がましいことは言えませんが…。
早いうちに亡くなった自由奔放でやんちゃな父とはあまり良い関係ではありませんでした。
父はいつも子供みたいな人で、親の威厳なんてない人でしたが、
でも高校生の時に黒沢明の生きるという映画を見て、あるシーンで子供にないがしろにされる主人公を見た時に自分に重なる部分があって反省したことを覚えています。それから親への見方、考え方が変わったような気がします。
その後の私の人生を振り返ると、やっぱり血筋は争えないな〜と思ったりすること多々あり。
とりとめもなく自分語りしてしまいました(汗)
無理せず、自然体でいけるといいですね。
2012.12.21 10:23 | URL | [edit]
gajin says..."No title"
うちの親父もひと言でいえば「ガキ大将」そのままです。
我がまま気まま、皆を振り回してます。
反面教師と思っていましたが、血は争えないと思うことはたくさんあります。幸い暴力だけは引き継いでいませんが。
自然体は究極の姿ですね。それが一番難しかったりします。
ご自身のこと語っていただいてありがとうございます。
2012.12.21 12:00 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1539-18dea583
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。