ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

最後は”C”

S-Stick自作に初めて取り組み、オーソドックス、スピンタイプ、C-STYLEとひと通り作ってみた。
今シーズンも終盤になり、来シーズンに向けて友だちのために増産をするならと考えたとき、「作りやすさ」「コンパクトさ(機械的な美しさ)」「使いやすさ」の何れをとっても"C"が圧倒的に抜きん出ているように思えた。
スプールのベアリング加工さえしてしまえば、あとはただ組んでいくだけ。しかもフリー時にはバネの圧力も無いから加工の精度も要らない。
スピンタイプと違い、スプールからガイドまでの距離も必要なし。キュキュッとコンパクトにまとめられる。
そして何と言ってもシンプルな使いやすさは、子どもからお年寄りまで操作説明すら3秒。
「落とすときはひっくり返して、底に着いたら戻すだけ」
これだけ。
返すだけでカチッと収まり、しかもトルクは今まで作ったどのモデルよりも太く力強い。
スピンタイプも煮詰めながら、今後はこれメインで作り使っていくことにしたい。

DSC06600.jpg
息子の"S"を"C"へと変更。
ヤバいくらいに使いやすい。
子どもや初心者用ならこれ以外に考えられないくらい。

DSC06594.jpg

関連記事

4 Comments

sin says...""
こんばんはw
私もこのタイプが、全てのバランスにおいて最強だと思います!
来季に向けて、このタイプをとも思っていますが、オリジナル?として現行のHVタイプを極めます(笑)
gajin says...""
sinさん、こんばんは。
やはりそう思いますよね。実際そうだと思います。
作る楽しさは別物として、純粋に釣ることだけを考えればこれがベストかと。
sinさんにはオリ人として、SやHVの改良も極めていただきたいです。
もちろんそれ以外の新たなS-Stickの開発もお待ちしてます(笑)
2013.02.19 22:23 | URL | [edit]
shimo says...""
こんばんは
先日の釣行でもCはノントラブルでした。
使いやすさでは満足いってます。
私もコレがメイン機になっていますが、新しいもの、面白いものも追及していきたいです。遊びですから。
gajin says...""
shimoさんの新しい発想には毎回Σ(・ω・ノ)ノ!とさせられてます。
わかさぎは年に2〜3回、通算でもようやくフタ桁回数の初心者ですから、遊びと言えど釣りたい欲求も高いわけでして(笑)
毎回お昼寝つきの楽しいお茶会にするわけにはいかないですよ。
2013.02.20 22:33 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1582-e70a2040
該当の記事は見つかりませんでした。