ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことしもあとわずか

山形のわかさぎ釣りも、週末アングラーにとっては終盤に入りつつある。
今までにも年に3回行ければ上等のわかさぎ。
今年は年権を取得し意気込んでいたものの、急激な気候変化での食い渋り、さらに上塗りする盗難事件。全てが噛み合ない年でした。
あと何回いけるのかと指折り楽しみにしながら臨んだ今回の釣行も、急激な天候不良によりあえなく頓挫してしまったのでした。

早朝4時に集合するも、目的の水窪ダムまでのアクセスが降雪により通行不能の状態。
除雪作業員へのインタビューでも8時すぎに廻るかも知れないという曖昧な返答。
市街地がパニック的な降雪量のことを考えると、所管する国の機関が委託しようがしまいが、優先度の低いダム湖へのアクセスは後回しになるのは確実。
自分の目論見では9時を過ぎても除雪作業は始まらないだろうというものだった。
同行のキミ兄やんとけっけと相談しながら、3度のアタックを試みるものの、午前6時過ぎにあえなく中止を決意。

ガソリンをバラ撒いて米沢の除雪を視察して終わるわけにはいかない。
アホかと。
今回も道連れの息子も車で寝に来たわけではない。
ならばと山形市まで引き返しながら、我々だけで別フィールドへと向うことにした。

向った先は県民の森の中にある板橋沼。
過去に一度訪れたことのあるフィールド。
パラパラと住宅のある山形市の山間地の生活道路は、FFの我が家の車でも余裕で走破できる除雪状況。
それでも降り積もった新雪が30cmほどは被っているだろうか。
慎重にカーブを切りながら辿り着いた駐車場には8台ほどの車。
こんなこともあろうかと忍ばせていたキャンプテントをソリに積み込み、息子に完全防寒を施しいざ出陣。
現場でテントの底幕を切り取り、ナンチャッテわかさぎテントの完成です。
このテントは昔、バス釣りキャンプで使っていたLOGOSのテント。
軽くて設営も一人で楽々でした。
わかさぎ用とは違いインナーとアウターの二重で温か。

DSC06635.jpg

米沢で降っていたドカ雪が嘘のような青空。
うちのテントの他に5張りほどいました。
その他、露天が3組ほど。
沼の周りは周遊コースとなっていて、クロスカントリーやスノートレッキングを楽しむ人達がいたり、ほのぼのした光景。
途中、山ガールファッションの女子が写真を撮りにわかさぎテント村に降りて来ていたり。

DSC06636.jpg

ドリルはコールマンのテントの紳士にお借りし穴開け完了。
釣り座を確保するとともに、息子は釣りではなくおやつタイムに突入。
魚探を掛けますが、水深6mを示す画像の他は真っ白。
仕掛けを下ろしても、どの棚でもお触りすらしてくれない状況が続きます。

約1時間、1組、2組と帰ったタイミングで移動を決意。
岸寄りに開けられた穴に魚探が高反応。
と言うより、ドリルが無いので開いている穴にしか移動できない。
しかも大半はご丁寧に雪が盛られていたり・・・

玉砕覚悟の移動が功を奏したのか、早速のアタリを獲ることに成功。

DSC06641.jpg

「お前か・・」
板橋名物のフナ。

DSC06642.jpg

「またお前か・・」
いいサイズのフナにも全く主導権を与えず、スプールが滑ることも無く取り込みに成功。
テスト的には最高の結果。
ただ、滑らないということはドラグ的効果は弱まるわけで、ラインを今の0.4(PEは0.2)よりもう少し太くする必要があるかもしれませんね。

DSC06643.jpg

お菓子を食いながらDSをしながらのこのお方も、ヘラ界の巨匠よろしくのポーズでパチリ。
今期の水窪に比べるとわかさぎのサイズのデカいこと。
お約束の急激な冷え込みで全くと言っていいほど釣れはしなかったものの、息子との楽しい時間を共有できたのは何より大きかった。

今年はあまりの釣れなさに、わかさぎ釣りの引退も考えたほど。
何もかもがチグハグで満足感を得られない中、ホッと一息ついたような、そんな釣行だった。

関連記事

-2 Comments

shimo says...""
青空のもと、とても気持ちよさそうです。
子供と一緒って本当に良いことだと思います。
普段よりゆっくり会話もできるし、共有の時間を過ごせるし。
大きくなっても絶対に記憶に残ってると思います。
私もできる限り連れていってます。
でも、小学校のうちだけですね。
中学に入ったら、部活だなんだと忙しくて…。
gajin says...""
shimoさん、おはようございます。
朝からの吹雪が嘘のような晴れ間でした。
上の子等は中学に入り部活も忙しくなり、やはり付いて来なくなりました。
一番下の息子は中学に入っても運動部はやらないと言っていますので、土日は一緒に出掛けてくれるかもしれません。
今のうちからいっぱい出掛けて、釣りバカに仕立て上げようと思ってます。
2013.02.26 08:47 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1588-2e265806
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。