ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかたなクラッチ

心配していたとおりの結果でした。
何がって、仕掛けの落下時にきちんと落ちないんじゃないかということですよ。

巻き込み防止のガイドを固定で設置するから、クラッチレスのスプールの移動幅が仇となったわけです。
予想はできてましたが、やっぱりな結果に残念が過ぎました。

DSC07449.jpg
巻き上げ時は問題ないのですが・・・

DSC07450.jpg
落下時には矢印の力が働くわけです。
でもって、マグネットの吸引力でドン!と。

横置きのままで無く逆さまにしてしまえばフリーで落ちますので、拘らなければ全く問題のないことなのかもしれません。
ですが今回はちょっとだけ拘ってみました。

それはこんな感じです

DSC07454.jpg DSC07453.jpg
↑上げて〜 ↓下げる〜

ひと言で言えば
『マグネット自体を動かしてしまえ』
的な発想です。

DSC07451.jpg

これまた分かっていたことでしたが、マグの移動幅が小さいため若干影響しちゃいます。
完全にドフリーとまではいきませんでした。全くもって詰めが甘いです。

ま、こんなクラッチも如何?という提案だということにしておいてください。

DSC07459.jpg
関連記事

-2 Comments

サカ says...""
お邪魔しまーす^o^
いいですね、いろんな人の見てると勉強になります。
なるほどMGを移動ですか、これ使えますね
クラッチレバーとMGを同時に移動する事で全て解決されますね^o^
早速パクらせてもらいます^o^
gajin says...""
サカさん、
ちなみに手前にではなく穂先側に離してしまえば完全に磁力の外です。
色んな人がS-Stickを手がけていて、みなさん素晴らしいアイディアばかり。
こちらこそみなさんのブログを常に参考にさせていただいてます。
2013.12.23 14:36 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1673-11746b29
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。