ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gクラッチ・アルミVer.

DSC07566.jpg

息子のをつくる前に試作をと思い、つくり始めたら夢中になっていました。
一度始めると終わるまでヤメ時を知らないおバカな性格。電消しの削りから組み上げるまで一気にやってしまわないと気が済まないようです。
オールメタルなコンセプトのもと、メタルゴッドなゴルゴさんの「Gクラッチ+ゴルゴロッド」を参考にさせていただきました。

DSC07567.jpg

なかなか上手くまとまったと満足しています。
これを眺めながらしばらく酒が飲めるでしょう。
ただ、ご本家に比べてクリップの加工が雑なのが残念。
これを基に息子のものもつくりますが、前作と同じようなPOPな感じに仕上げようかと思います。

DSC07570.jpg

関連記事

-2 Comments

気弱なゴルゴ says..."カッコいいですね!"
シャーシとスタンドが1枚のアルミプレート、
昨シーズン作っていたモデルの進化系ですね。
カッコいいです、おそらくまたパクると思います。
  
こちらではGクラッチがあちらこちらで作られるように
なってきました。
私もGクラッチ(ゴルゴロッド)の2台目を電ケシ縦仕様で
作っています。
gajin says...""
確かに、昨年モデルからの正常進化系と言えますね。
Gクラッチは「簡単」がコンセプトですから、縦仕様のシンプル構造が一番かもしれません。
●簡単製作(それなりのものが誰でも作れる)
●簡単操作(ストレスフリーで落とし込み~巻き上げ)
●簡単復旧(バックラッシュしても工具要らず)
今回のモデルは「わかさぎの蔵」のスタンドを見て思いつきました。なので当初は脱着タイプにするつもりだったのですが、考えているうちにこうなってしまいました。
穂先側にスタンドアダプターを付けてハンマーヘッド型でしようすることもできます。後ほど追記したいと思います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1695-e85bcd36
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。