ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014第8戦

以前から約束していたワカサギ釣りに、ようやくお友だち家族を招待することができました。
午前のみの釣行となるSさん親子にしっかり楽しんでもらうため5時に待ち合わせをするも、前日の酒のためか軽く寝坊し5時半に出発。
路面はツルツルで鈍く光るアイスリンク状態。途中では道路から転落している車輛もあり。
ゆっくりながらも急ぎ釣り場を目指す。

自分らの車が横を向きかけるアクシデントもありながらも無事に到着し、新雪の積もるアクセス路を歩き、更に雪の積もった湖面を進みます。
先行者は2名。
手前のシングルテントさんは不発の様子。
前回までの経験から奥がいいことは分かっていたので、ひたすら奥へと歩を進めてますが、S家とは100mほど差がついていまっています。
雪中行軍で上がった息を整える間もなく穴開けからテントの設置、テント内の配置までを一人でこなし、そこから4人分の仕掛けのセット、餌付け。そして釣り方の説明。この時点ですでにグッタリ。
お約束のようにライントラブルされたり、自分の仕掛けを投入する頃には8時を過ぎていたでしょうか(汗)
それでも、ライントラブルで切れてしまった仕掛けを手持ちで手繰ってたSさんが、餌も付いていない空針状態で初めてのワカサギを釣り上げたり、うちの息子が立て続けに3匹を釣り上げたりと、魚の活性も悪くなく、釣り人の活性もにわかに活気づいていたのは嬉しいスタートとなりました。

DSC07624.jpg

テンションアゲアゲのS家Jr.は危険がアブナイ。
常に悪戯ばかりするので5分に一回は注意しなくては。
狭いテント内ですのでちょっとのことが事故に繋がりかねませんから、釣りのテクニックばかりではなくその辺の所作も同時に教えていきます。
うちは昔からスパルタ釣育ですが、余所の家の子でも容赦はしませんので。

DSC07626.jpg

タイムリミットの11時までにSさんが5匹、Jr.が1匹釣り上げて先に帰っていきましたが、とても楽しまれていて満足されていたので一安心でした。
本人も言ってましたが、欲を言えばもう少し時間的にも釣果的にも欲しいところでしたね。

今日はこれまでで一番と言っていいくらいの天気。
テントの中では暖房要らず。
始めこそ着ていた防寒もすぐに脱いでしまっていました。

DSC07636.jpg

我が家は3時まで楽しんで45匹。
今シーズンの板橋沼では一番の釣果でした。
うち息子の釣果は10匹。
初めてのフタ桁に息子は大大大満足。
今シーズンは自分的には納得のいく数を釣れていない訳ですが、数以上の喜びや楽しさをいただいております。

DSC07638.jpg

今回も最後にオバケ級のワカサギが飛び出しました。
家に帰り計測してみると16cm。
アベレージサイズと比較しても超ど級でした。

DSC07639S.jpg

今日がラストとなっても申し分無い内容ではありましたし、今シーズンは息子との釣りをとことん楽しむことができたと思います。
できれば今週末にもう一回シーズンラストを飾りたいところですが、果たしてどうなりますことやら。こればかりは空の気まぐれに任せるしかありません。

関連記事

-2 Comments

どどんぱ says..."良いですね~"
私も最終釣行は娘と行きたいものです。(-_-;)
単独釣行しっぱなしなので物より思い出で行きたい今日この頃です。

本日の桧原湖積雪30㎝(>_<) いや~参りました<(_ _)>
2014.03.11 19:16 | URL | [edit]
gajin says...""
そうですね。
これまで、バス、海とストイックに釣りこんできましたので、ゆるりと子供と楽しみながらというスタイルはとても癒されます。
平地には邪魔な季節外れの大寒波も、ワカサギ釣りには嬉しいです。
2014.03.11 20:32 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1701-c106a81f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。