ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかさぎ第9戦/板橋沼のJUMBO

20150204184003aad.jpg

午前のみの強行。まだ暗い6時にこっそり家を出る。
風もなく穏やか。
路面の積雪もなく、沼へは40分のドライブ。

平日とあって先行者の車は1台。
アプローチの散策道も雪がなく歩きやすい。
氷上にはなぜか2つのテント。
手前のテントの親爺さんにご挨拶しながらインタビューしてみる。
5時に釣り始めて7時現在で20匹だそうだが、6時からはアタリがないと言う。
少し奥のテントは無人の様子。
しかも何故か入り口が前後とも開けっ放し。
主人の姿は氷上になし。
不用心だなと思いながら更に奥を目指す。

誰もいない湾奥は積雪で歩くのも一苦労。
魚探で探ることもなく勘だけで今日の場所を決定。
テントを設置するために足で踏みならし、穴を二つ開け、仕掛けをセットし終えたのは7時半。

開始からしばらくはアタリがなく、これは外してしまったかと思ったものの、丁寧に誘い続けているとポロポロと釣れてくれる。

201502041351464bd.jpg

右は前回に続きウキ仕様に。
ただし今回はウキ止め糸を使い水中へと沈む加減にしてみた。
穂先の揺れに注視するよりは、ウキが「にょーん」と沈むのを見ている方が集中できたしアタリも取りやすかったように思う。
はじめは右だけ出してやっていたものの、あまりに暇で左も出すことに。

20150204135140d6a.jpg

左はいつものウキなしスタイル。
これはこれでダイレクト感があってよろしい。

ここからマメにエサを付け替えたり誘ってみたり。
それが効き出したのかプチラッシュもあって、右の仕掛けを外していると左でビクビクとか、左のエサを付け替えていると右のウキがグググーン・・とか。
慣れない両刀使いでわかさぎに弄ばれました (☍д⁰)

10時を過ぎると途端に渋くなり、右のウキ仕掛けの錘を2gから1gに変えてなんちゃってゼロ釣法を試してみたら、今まで食わなかったスレたわかさぎも反応し数を伸ばすことができ、ちょっとスキルアップできた感じで嬉しかった。

20150204135717713.jpg

11時になったところでストップフィッシング。
板橋沼の自己レコードとなる45匹でした。

いつもながらここのわかさぎはサイズが大型揃い。
最早ししゃもです。

2015020419222394b.jpg

今回も15cm級がズラリ。
45匹のジップでも水窪ダムの200匹よりボリューミー。
余所から見れば45匹~?(*艸3`)プププ~な釣果ですが、ここ板橋では満足のいく数ではないでしょうか。
短い時間ながら楽しい釣行となりました。

20150204135146a0e.jpg

関連記事

-2 Comments

どどんぱ says..."でかいです!"
ひゃ~ビックですね!e-451

半日仕事での釣果と考えるとよいお仕事をされたのでは!(#^^#)

12㎝もあればこちらではビックサイズ15㎝は完全シシャモです。
一夜干しや素焼きも美味しいとか!
2015.02.05 19:34 | URL | [edit]
gajin says...""
今回の穴は大型の回遊コースだったのでしょうか、型が良かったです。
2台使いに慣れたらもう少し数を伸ばせそうです。
2015.02.05 21:45 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1743-c5a36e26
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。