ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

Gクラッチの取説

201502141354512de.jpg

最近ではS-stickやGクラッチについて見ていただいている人がほとんどのようです。
簡単に自作できるクラッチシステムとして、それなりに評価されてのことと嬉しく思います。
それなりによく回って、それなりにトルクも得られ、それなりに釣りになる電動リールが自作できちゃいます。

ただ、そこから先に実はキモがあるのですが、敢えてそこには踏み込みませんでした。
それは何故か。

どんなパーツを
どんな位置に
どんな風に配置しているか

それらを穴があくほど見て、100均やホームセンターに宝探しに行き、お宝を見つけては自宅でシコシコ削ったり、切ったり貼ったり、組み上げてはニヤニヤ。
そしてフィールドで答え合わせをするかの様に使ってみる。

そこにこそ自作の楽しみがあると思うからに他なりませんでした。
また、敢えて詳しく書かないことで、各人の使うパーツや配置の仕方で違った個性が生まれるのも魅力と思っていたからです。

ネットを徘徊していますと、かなりの方がGクラッチを採用されて自作を楽しんでおられますが、一方できちんと望んだ結果が得られずにいる方もいるようですね。
なのでおこがましいようで恐縮ですが、ここらで自分なりの解釈を書いてみたいと思います。
何らかのヒントになれば幸いです。
ただし、今度も部品の詳細は敢えて書きません。


まず初めにクラッチ部分です。

2015021413503396b.jpg

一番最初に閃いたときは、クラッチを前に倒して固定、後ろに引いてフリーという機構でしたが、固定時にはより吸着力が強く、フリー時には高回転になるように、最終的には真逆の方向に。
クランク部を作ることで更に奥に納まるように配置。
シャフト〜磁石〜モーター軸の距離感に注目です。
シャフトより前に磁石を配置してしまうと、シーソーの原理でスプールはズルズル滑りまくるでしょう。

シャフトにはバネを入れることでクラッチ切り替えのレスポンスをサポートしています。
バネは短く使うことで、使用経過による伸び縮みの誤差を少なくできます。

20150214135041cc3.jpg

意外と重要視していない方が多いのがモーター軸。(sinさんのご指摘を検証した上で一部訂正と加筆しました)
こことスプールの接地面が大きければ大きいほど回転も安定しますし、トルクは太く強くなります。滑らなくなります。トルクに関しては、スプールと磁石のクリアランスも大きく関与するのですが、あまりに密着させると巻き上げスピードが極端に落ちます。消費電力もうなぎ上りです。
また、スプールの内径と外径の差で、無駄な力(自分でブレーキをかけてるのと同じ)が生じてしまいます。 極力外側へ接点を設けることで、回転は安定しスピードも上がります。回転が安定することで回点音が静かになる利点も。
写真はノンスリップ番長セッティング(笑)。滑りたくないという一心で接地面を増やしていましたが、sinさんがコメントでご指摘の浅いセッティングはいいことづくめ。写真のゴム管の1/3程度が掛かるくらいに後ろにズラしたところ、スリップもなく効果は覿面でした。

20150214135034cc4.jpg

スプールには生ゴムを貼っています。
何も無くても滅多に滑るようなことはありませんが、これを貼ることでより滑り知らず。
スプールエッジを手で押さえるとモーターが止まりそうなくらいの効果はあります。
貼ったばかりのゴムは滑るので「何だよ!」と思わないでください。
使って少し削れたあたりで効果を発揮しますので、最初に紙やすりで荒削りするのもいいかも知れません。

見た目に可愛い棚ストッパーもきちんと作用するんですよ。
クリちゃんと呼んでます(笑)
棚ストッパーはスプールの内側にラインが入って止まらないと効果は得られませんよ。

20150214135103a6b.jpg

そしてもう一つ、クラッチには関係ありませんが、穂先受けの支持部にもキモがあります。
黒いのはゴム管。その中にプラ管。
カラーナットは受け部をゴムと挟み込むためのもので、実際に固定するのはナットよりも細い径のビスセットです。
これとアルミパイプの穂先受けの尻がゴム管に圧着することで、ある程度の圧力でビスを締めれば、手で簡単に角度調整できて、合わせを入れたり魚が掛かったりしてもズレ知らずのシステムとなります。
端子単体では不安な強度不足も解消できています。
これもお薦めです。

20150214135056f6a.jpg

最後に、アルミスタンドについて。
叩き台の上での揺れを防ぐため、より密着した低重心のスタンドを模索した最終形です。
尻上がりの形状により、誘いやすく、握りやすくなっています。
また、への字形状は手持ちの場合はトリガーになり、丁度ベイトタックルを握りこむ感じです。
ツルッと滑って落っことしてしまうこともありません。
もともとは息子が手を滑らせ湖底のオブジェにしてしまったことから発想したスタンドですので、握りやすさには自信ありです。

20150214155734779.jpg

と、要所要所だけ説明しましたが、これが答えだとは申しません。
Gクラッチに関してはこれがヒントとなればいいと思っています。
なるべくシンプルに。
トラブルレスを目指せば自ずとシンプルな構造になっていきます。
S-stickのThe ORIGIN、sinさんの最新モデルを見れば分かりますよね。

Glabo_2.gif

関連記事

12 Comments

どどんぱ says..."自作!"
今年からちょぼちょぼ自作電動使用中です。 e-454

市販のSRを使っては居たのですが、重い、そして巻き上げスピードが遅いのです。(^^;
前回釣行では久々に最初から使用してましたがスプールの防振ゴムが劣化して滑るようになり途中交代となりましたが、15mラインを狙うと自作の速さに魅力を感じているこの頃です。
SRを改造してスピードアップするか自作を新作するか悩んでます。(^^)v

パイルダーオン! ストライクです。(^^ゞ
2015.02.14 17:57 | URL | [edit]
gajin says..."どどんぱさん"
市販品でそんな不満が。
改造して楽しむのも一興でしょうか。
バラして構造を勉強するのもアリなんでは。
何なら棚カウンターを自作にパイルダーオン(笑)
2015.02.14 18:09 | URL | [edit]
気弱なゴルゴ says...""
たいへん参考になりました。
私はあまり考えもせず感覚で作ってしまうので
解説が上手くできません・・・、文才が無いのもありますが。(笑)
他の方の作るS-stickは見ていてあきませんね、使っているパーツや
ビスや加工など、自分と違う作り方を見ると本当に参考になります。
  
私の携帯アドレス入れました、御迷惑でなければ空メール下さい。
gajin says...""
感覚で作るのは同じです。
イメージをカタチにするのに技術が追いつきません。
仰るとおり、他の方の作品を見るのは飽きませんよね。
見た後は決まってホームセンターですよ(笑)

メール送らせていただきました
2015.02.14 21:54 | URL | [edit]
miya says...""
大変助かりました。
この取説の記事を読んだ後で娘用の横置きスプールを作ってます。
今回は基本通りにクラッチをスプール軸の前に配置してみました。
まだ制作途中ですがテストは良好です。
出来上がりましたらアップしますね。
sin says...""
おはようございます^_^

この解説は既に自作されている方やこれから始めようとしている方には、とても有り難い内容でしょうね!
丁度私も、色々な方の作品を見ていて、要点だけでもまとめた記事をupしようかと思っていたところですが、もう私は書く必要ないかな(笑)
Gクラッチではなくとも、これは共通する内容で、皆さんには為になると思います!
ただ一つ…
ゴム管の接地面の位置に関しては、私の考えは少々違っています。
gajinさんほど、正確に計算された磁石の位置を設けているのであれば、面を広く設けなくともトルクを得られスベる事はないと…
面を広くとってしまうと、逆に磁石の能力をきっちり生かしているぶん、スプールの内径と外径の差で、無駄な力(自分でブレーキをかけてるのと同じ)が生じてしまいます。
私のSのスプールへの接地が、極力外径側へ設けているのはその為です。
これは勿論、gajinさんのように磁石の位置など配慮し、ゴム管とスプール面にきちんとした力を加えられる事が前提となりますが、ただスベり防止だけと考えるなら、面を広く設けるのが妥当だと思います。

長々、生意気な事を書いてしまいましたが、参考になればと…

私も、この事に関してはもう少し詳しく記事にしようかと思っています。





2015.02.15 11:32 | URL | [edit]
gajin says..."miyaさん"
参考になったら良いのですが、混乱させてしまったらごめんなさいです。
miyaさんなら横スプールも上手くいくと思います( ´▽`)b
2015.02.15 15:56 | URL | [edit]
gajin says..."sinさん"
いやいや、ナイスなご指摘ありがとうございます!
先程かみさんとの釣りデートから戻り、早速検証してみましたよ。
結果はおっしゃるとおり!
音も静かになりより安定感が増しました。
記事も一部訂正を加えてます。
毎度ありがとうございます。
今後もズバッとご指摘ください。よろしくお願いします♪( ´▽`)
2015.02.15 15:59 | URL | [edit]
ギーノ says...""
大変勉強になります<(_ _)>
ただ何となく見よう見まねで作ってました、、
本日、4機試しながら釣りましたが
一つ一つ改良改善して行きたいと思います
これからも宜しく<(_ _)>。。。
gajin says..."ギーノさん"
勉強だなんてそんな、こちらこそ皆さんから教わることばかりです。
今後ともよろしくお願いします。
新作かっこいいですね。
2015.02.15 19:42 | URL | [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.06 07:35 | | [edit]
gajin says...""
匿名さん。
コメント気づかずすみません。
よくこのブログを見てもらえればわかるのですが、「バネ」ではありません。
ミニ四駆の部品を数多く流用しています。
バネでは撓んで使い物にならないでしょう。
磁力に頼っているんですから撓む素材はNGです。
もともとのアイディアは友人のものです。
ホームセンター、おもちゃ屋、釣具屋、色んなところに色んな素材が眠ってます。
せっかくですからそのうち詳しく説明します。
2016.12.20 23:29 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1749-ef4e1bbb
該当の記事は見つかりませんでした。