ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグフォースVやめました


左が通常のスプール。右はカスタム後。

ピクシーのスプールはマグフォースVのブレーキシステムのため、インダクトローターが遠心力で飛び出る仕組み。回転力が上がるとブレーキが強く効き、回転が落ちると磁力が弱くなる、いわば遠心ブレーキのいいとこ取りをしたマグネットブレーキ。
ただ、オーバーハンドやサイドハンドに合わせてブレーキ調整をしても、ピッチングではまったくダメだったり、キャストによってバラつきがあった。左ハンドルのピクシーにプレッソスプールを入れてから、その違和感は確信に変わっていた。プレッソスプールではひとつのセッティングで全てのキャストがこなせていたからだ。
プレッソスプールはローターが固定され、常に一定の磁力が働きブレーキが働く。ならばノーマルスプールも固定化を試しましょうと、上の写真のようになりました。



まずはインダクトローターを外しまして



シャフト内にあるバネ。ローターを下げるためにピンの上にあったバネを、ローターを押し上げるために下へと配置換え。



遠心力に関わる白いプラスチックの羽のようなものは取っ払った。



ついでにベアリングのシールドを剥がしてオープンベアリング化。
抵抗が減るのは勿論、オイルをきちんと注すことができるようになるため、その効果は絶大。
ノーマルでもガンガン回るようになります。
異物も入りやすくなるけどメンテも楽。
軽いものを投げる前提のチューニングです。


ーーーーー追記ーーーーー

家の前で試投しましたら、かなりマイルドな投げ心地。ピーキーさが無くなり軽いルアーも投げやすくなった気がします。
ただ、なぜだかブレーキダイヤルのMAX⇔MINの表示と効き具合が逆転してしまった気がします。
真ん中で使えば問題無いんですけど、なぜなのかは分かりません。
細かいことは気にしなければオッケーということで(笑)

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1786-6700309f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。