ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3戦/横川ダム

IMG_7645.jpg

早くC-styleを使いたくて、息子をお供に小国町まで。
前回の娘との釣行のリベンジを兼ねてます。
米沢市の水窪ダムでは300とか400とか釣れているという情報もありますが、何分エントリーや湖面の情報に乏しく、子連れ釣行では無理をしたくありませんので安全を第一に優先してフィールドを選びました。
県民の森の板橋沼という選択もあり得ましたが、休耕田を沼にした浅いフィールドですので、C-styleのテストには不向きかなと思い、今回の選択肢には入っていません。

IMG_7652.jpg

横川ダムに到着し、お寺に駐車させていただき料金を支払いながら情報収集。
ちょうどそこへ名人と呼ばれる方がおりましたので、その方がテントを立てられる場所の近くにお邪魔させていただくことに。

今週は橋の下流側も解禁となった影響からか、上流側にはいつもの半分以下のテント。
その分、岬の陰になって見えない下流側にはかなりのテントが張られ、さながらお祭り広場の様相を呈してしました。

IMG_7651.jpg

テントの中はいつもだいたいこんな感じですが、息子が大きくなったからか、結構狭く感じるようになってきました。
ソリまで中に入れてるんで余計に、ですがね。
ソリは外に出して対面形式の方がいいですね。

IMG_7649.jpg

せっかくのテストですので二刀流で逝きます。
100均の踏み台は安定感抜群でいいんですが、さすがにそれなりのものが欲しくなってきました。

息子の方はぼくがわかさぎ釣りにハマった理由の一つでもある、友人作の電動リールを使用。
なんだかんだ言って、このリールの存在が既製品を必要としなかった一番の理由だったりします。
まったくわかさぎ釣りをしたことがない状態でこれを作った友人けっけは偉大であり、変態です。

IMG_7640.jpg

さて、釣りの方はと言いますと、まぁボチボチ。たまにパタパタと釣れてはシーン・・の繰り返し。
C-styleは快調そのもの。
巻き上げの早さが仇となり、結構な数を口切れや氷に引っ掛けてバラしてしまいましたが、そこは経験を積んでカバーする方法を見つけていくしかないでしょう。
逆に落とし込みの遅さが気になりましたが、穴から取っても取っても浮いてくる氷屑のことや、釣れたわかさぎが口いっぱいに氷を頬張って上がってくることを考えると、自分のドリルの柄の長さが足りていなくて、下まで完全に貫通しきれていないことも考えられます。
もう1本延長アダプターを買っておく必要がありますね。
恐るべしは豪雪地帯。

IMG_7653.jpg

周りの方が撤収されるタイミングで、我々もストップ。
それなりに楽しめて課題も見えたいい釣りができたと思います。
水窪ダムは今日で終了のようですが、県内のどこかのフィールドで、今シーズンももう少し楽しめたらと思っています。

IMG_7654.jpg

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1821-98be3333
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。