ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C-styleの課題点と対処法を模索してみる。これっていわばG-styleだよね

IMG_7657.jpg

さてさて、とりま使ってみた感想を。

『楽しい!』


一言でいえばそうなんです。
何でしょう、楽しいんです。
操作感は決してスムーズではないですし、トラブルレスでもありません。
でも楽しい。
木のぬくもりとフォルムの可愛らしさ。
S-stickに通じる軽さからくる魚の引きのダイレクト感。

でも、課題も多く見つかりました。
ひとつはフォールスピードの遅さ。
スプールを見ればわかりますが、肉厚で、ある程度の自重があります。
ただ、この自重については軽くすればいいというものではなさそうです。
軽すぎてしまっては高回転時に浮き上がり空転する恐れもあることから、ある程度の自重を持たせているようですし、1号以上の錘を使う分には問題がないのかもしれません。
自作で使っているボビンスプールの軽さに慣れてしまっているからこそ、そう思うだけなのかも。
そもそもこの機体が生まれたフィールドや背景、目的が違うということもあるでしょう。
自作機で使っていた1g~2.5g。それを扱うためのSSやSSSクラスの穂先。
そういったシステムをC-styleに合わせて考え直すことも必要なこと。

もうひとつはフォール時の本体の置き方。
今回の釣行では、竿置きに横向きに置くことで対処していましたが、余計にフォールスピードを殺す結果になっていましたし、不用意にスプールシャフトにラインを巻き込む原因にもなっていました。
これについては数々の方がアイディアを駆使して対処されていますので、それらを参考により簡単でお洒落な感じに仕上げたいと思っています。

もうひとつは巻き上げ時のラインブレーク。
スピードとパワーがある分、ラインストッパーで止まった際に起こるショック切れがありました。
とりあえずマイクロスイッチに接続してあるストッパーの角度を前側に倒し、後ろ側にしなる余裕を与えたことで若干の改善としました。写真では右用は開きが少し甘いですが、現在はどちらも左用くらいの開き加減にしてあります。
これで改善されないなら、自作で使っていたバネストッパーを自作してマイクロスイッチに取り付けるまで。
(:追記)
ラインストッパーの幅(ラインが通る溝)も、サルカンが通らなくて挟まらないくらいの幅に狭めました。
ノーマルでは通り抜けないながらも挟まっちゃったりして、微妙に煩わしかったんですよね。
これでビーズとか余計なものを省けますので、フォール時の妨げがまたひとつ取り除けました。

もうひとつはスプールの遊び。
スプールに付いている1本の横向きのバーに、スプール受けに付いている垂直の2本のバーが絡むことで巻き取りを可能にしているわけですが、この2本の垂直バーの間を前後に行ったり来たりしてしまうわけです。
これ自体は何ら問題がないし、むしろ着底後にひっくり返すだけでスムーズに巻き取りに移行できる秘訣でもあるわけですが、ボトムでの釣りでフカセながら誘いたいとき、ほんの僅かな微調整をしたいことがあるんです。
これについては思い切ってバーを増やしてみようかと。
スプール側に1本埋め込むよりも、スプール受けに2本足してみるのはどうかなんて考えてますが、優先順位は限りなく低いので、実践するかは微妙なところ。

最後に、これはC-styleの課題というより自作の問題ですが、1.2V×3の3.6V仕様となっている外部電源。
過電圧によるモーターへのダメージがいかがなものか。
あまりよろしくないようであれば、2本仕様の電池ボックスに取り換えかなと。

1回しか使っていないのにつべこべ言うなという感じはありますが、使ってみた正直な感想です。
まぁ、なんだかんだと言いましたが、結局のところ『楽しい』は正義なんです(笑)

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1822-1e88075e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。