ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外部電源の電圧を比べてみる

IMG_7661.jpg

C-styleの外部電源化にあたって、深く考えずに単3×3本の電池ボックスを選らんだ訳ですが、考えてみたら通常の3VでC-styleを回したことがないことに今さら気づいた訳でして( ;∀;)
果たして通常のモーターはどんな回り方をするんだろう。

取りあえずはせっかく作った電池ボックスやケーブルはそのままで利用する方向で考えてみる。
で、こうすりゃいいじゃん、と。

IMG_7659.jpg

真ん中にブリッジ渡しただけ、という・・・(ꐦ ´͈ ᗨ `͈ ) ‘`,、
そんでアルカリ電池2本仕様の3Vをそそくさセット。
このままスイッチオンで回してみると・・・
「ブイーーーーーーーーーーーン」
あれ?静か。

充電式ニッケルの3本使用の3.6Vに戻してみる。
「ギュワイーーーーーーーーーーン!!」
う・・・。 もう一度。
「ギャワィーーーーーーーーーーン!!」

あはははははははは アレ...(;'∀')
改めて聞き比べると全く違うし。
適正電圧に比べて明らかに悲鳴を上げている気がしてきた。
ジャイアンのリサイタル級な気がしてきた。

ではでは、ニッケル2本の2.4Vではどうだべ。
「ブィーーーーーーーーーン」
あ、コレコレ。3V仕様に近い。

3.6Vバージョンも元気があってよろしいが、何だか怖くなってきたぞ。
3V以下で様子を見て、はっちゃける(死語)ときは3本バージョンでやってみようかなと。
オッケー、バブリーで。

IMG_7660.jpg

※前記事にも少し追記しました。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1823-b277fe2e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。