ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

オープンベアリング

IMG_7691.jpg

連日C-styleの話ですいません。
どーも。新しいおもちゃを手にして浮足立ってしまっているこどもオジサンです。

毎日触っているC-style。スプールを指で弾いてフリーで回転させてみても、やっぱりすぐに回転が落ち止まるのが早い。
釣り場で感じていたストレスの原因は、ぽってりしたスプールだけには無いようだ。
ルアーのベイトリールでもよくやることだが、ベアリングのシーリングを引ん剝いてオープン化させることにした。
上下とも見える側だけシールドをはがしてみると、たっぷりのグリスが露見する。
綺麗に取り除いて新しくオイルを注入してやった。
あらためて指で弾いてやると、初速から勢いよく回り出し、回転の持続時間も3倍くらいになった。
ゴミが入りやすくなるデメリットもあるにはあるものの、注油もしやすくなるし、シールドの抵抗からも解放され、はっきり分かるくらいの回転の違いが得られるこのやり方は、S-stickや他の自作機にももちろん有効ですので、一度お試しいただくことをお勧めします。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1824-5a12c09d
該当の記事は見つかりませんでした。