ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

最終戦/横川ダム

本日は気合を入れて早起きして行って参りました。
とは言え、3時半の目覚ましをスルーし、4時もスルー。5時の目覚ましでようやく起きた体たらく。

朝靄に包まれた山間の道を慎重に運転しながら、目指したのは前日に引き続き小国町のダム。
連日の片道2時間のドライブは流石に堪えますねえ。

IMG_7696.jpg

現着は7時半。
橋の下流のポイントでは、小国わかさぎ会の大会を開催している様子。
のんびりと釣りをしたいこともあり、今回は橋の上流へ入ることにしました。

橋の上流側にも、すでに多くのテントが立ち並んでる。
最上流域と橋下の近くが人気なのでしょうが、一部が氷解し始めている状況ではあまり冒険したくないでしょう。釣果優先ではニュースネタになってしまいますよ。
今朝のマイナス気温の冷え込みで湖面はカチコチではあるものの、日中は10度近くになる見込みだというし、比較的湖面の安定しているであろうエリアの真ん中の方にエントリーすることに。

IMG_7695.jpg

程よく4つ並んで空いたままの穴を発見し魚探でサーチ。
普段は魚探も使わずまったくの勘で陣を組んでしまっていますが、今日は慎重にやってみたりして。
氷の下と底の方に強い反応があり、これは当たり穴でしょうということで、早速テントを張り居を構えることに。
テントを固定したり、足場を整えたり、リールの準備をしたり、仕掛けを準備したりと、なんのかんのと釣りを始められたのは8時半でした。

IMG_7699.jpg

釣り始めると魚探が真っ白になるのは、わかさぎあるあるのひとつ。
辛抱強く誘いを続け、たまに来るアタリを取っていく感じの平常運転。

IMG_7697.jpg

魚探は相変わらず真っ白け。
たまに氷の下2mラインに細かい群れが入ってくる感じでも、中層の魚はまったく口を使ってくれません。
極たまに来るアタリを拾うとダブルもあったりはしてくれるけど連荘は無し。

IMG_7700.jpg

こ奴らだけは放っといても釣れる。
テントの中はポカポカ暖房いらず。てか暑い。
あまりに渋いので、外に出てインタビューの旅。
我が家の上流も下流もすべて同じような状況。釣れてません。

IMG_7704.jpg

お昼まではC-styleの二刀流。
本日もC-styleは快調そのものでしたが、お昼からはGクラッチに切り替えです。
周りの雪もズブズブのベチャベチャ。おそらく来週は無理だろうとの予想。
やっぱり最後はS-stickのGクラッチで締めたい。

Gクラッチの初号機のこのモデルは、拘り抜いて作ったものだけに、軽い錘でもスルスル落ちますし、巻き上げもパワフルで滑り知らず。兎に角トラブルが無いですね。
尻上がりで誘いからアワセ、巻き上げまで掴みやすくて操作しやすいのも特徴。
何と言ってもC-styleよりも軽いです。

結局は37匹で終了。釣果ものんびり体たらく。
今回も釣果よりモノへの拘りに傾いちゃった釣行となっていた気が・・・。
今シーズンのわかさぎは数釣りができなかったし、釣り始めが遅くなって釣行回数も少なくなってしまったけれど、それでも、C-styleのお陰でまた違った楽しみ方ができたように思います。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1826-d0325cee
該当の記事は見つかりませんでした。