FC2ブログ

ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

ラストは想像を絶するエグさに全俺が泣いた

三寒四温とは言いますが、春のような日差しと鬼のような零下の落差に体も付いていけず。
こんなに冷えてるならまだまだ氷上もいけるはずと思うものの、日中のポカポカ陽気に街中の雪は跡形もなく、これでは流石にダメかもと思いながら検索するわかさぎ情報は、残念な方向で予想に一致。水窪終了、横川終了、ならば板橋もダメなはず。
もう一回くらいはどこか・・・なんて思いながらネットを眺めていたところ、ブログリンクさせていただいているオコゼさんの動画に辿り着く。いつの間にやらYouTubeを始めていたんですね。
そんな動画の中でも登場の湯沢の野池は以前から釣果情報を検索はしていたものの、なかなか行くまでに至らず。今回は体力だけは不安の無い息子たちの同行もあって思い切って行くことにしてみました。
オコゼさんに最近の氷の状況を確認すれば、「延長ドリルを使っても肘まで水没覚悟が必要です」とのこと。ならばと延長アダプターを2連で臨んだ桁倉沼は、もっと過酷で想像を絶する世界でした。

IMG_3836[1]

今回の同行者は息子とその友達。今回登場の友人くんもわかさぎ釣りは初めて。
前回、前々回といい釣りをできただけに、息子もなんとか釣らせたい様子。

まだ暗いうちに出発し到着したのは秋田の桁倉沼。
途中の田螺沼の方がサイズがいいらしくそちらにしようと思っていたものの、情報が何もない中で先行者は2組、アプローチは崖級の険しさという状況に尻込みし、先行者多数の桁倉に決定。
駐車場で先行者の一組にインタビューすると、こちらも山形からいらしていた方でした。初めてなら桁倉と田螺のどちらがお薦めか尋ねれば迷わす桁倉との回答。向こうは大きな穴が開いていたりアプローチが大変なんだそう。こちらは所謂桁倉サイズと言って小さな魚が釣れると言うが、小さくても釣れた方がいいに決まっている。それに初心者を連れていて不安要素はひとつでも少ない方がいいですから、素直にアドバイスに従うことにします。

緩やかな林間のアプローチを抜けて、程なく湖面に到着。
先行者は湖面の中央から奥側へと陣を張っている方が多い。
今回も魚探無し完全勘頼りの釣行なので、まずは沼全体の形状や高低差を眺め、インレットや美味しそうな要素を想像。
エントリーした手前側も季節的な要素も含めて悪くは無いはず。本音を言えば奥まで行くのが面倒くさい(笑)
周りに誰もいないのが不安要素ではあるものの、「ここをキャンプ地とする!」宣言。
ドリルを延長し掘り掘り。さらに延長を追加し掘り掘り。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(;'∀')?

IMG_3838[1]

まったく到達する気配が無いんですけど・・・・・
これは無理ゲーなやつと早々に諦め、後家穴を探すも不発。仕方なしにスコップで穴掘りを決意。
途中「もう無理」を何度発したことか。それでも釣りたい欲求には代えられず。ひたすらに雪を搔き出し仕掛けが引っ掛からないよう綺麗に垂直になるように面取り。
ドリルとスコップを駆使して1時間かけて3人で釣りができるような穴を確保。テントを張ったころには虫の息でした。

IMG_3839[1]

何の確証も無しに開けた穴には不安しか無し。これで釣れなかったら最悪だよねと。
それでも掛けた時間と体力に、息子たちにも「移動」という概念は皆無。
半ば祈るような気持ちで仕掛けを投入したのは更に30分後。
その時には釣れなくてもこの穴で心中する覚悟ができていましたね。

IMG_3847[1]

今日がラストとの気持ちで持ち込んだタックル。最初はゴルゴさんにいただいたリールを久しぶりに使ってみたり。そのあとは前回の釣行までに見えた自作の修正箇所の確認などをしてみたりと。
仕掛けを投入後から間を開けずにわかさぎは反応してくれて、これには一同心底安堵。
綺麗に穴を作った甲斐があったというもの。
息子の「じゃ、お菓子食べっか」には笑いとともに人心地。

IMG_3844[1]

釣れたわかさぎをまじまじと観察する友人くん。
釣り方や合わせ方をレクチャーしたりと今回も見守る方に徹しましたが、ほんとみんな釣りが上手。
と言うかGクラッチはトラブルが少なく初心者にも扱いやすい様子。
軽い錘もスルスル落ちるし巻き上げも早い。
カウンターが無いからこそ、ラインの目盛で水深を測ったり棚を探る楽しさがあります。

IMG_3856[1]

11時ころにはお昼ごはんを食べ、反応の薄くなったお昼にはまったり。
2時に終了し帰路へと付きました。
最終的には友人くん35匹。息子79匹。わし86匹。
ちょうど200でした。

卒業を間近にし、息子もカヌー部の仲間たちとのいい経験、いい思い出にできたと思います。
卒業してそれぞれ違う大学になっても、また冬が来たらこうして集まってお菓子を食べたりバカ話をしたり、釣りを通して楽しめたら嬉しいですね。

IMG_3861[1]

関連記事

2 Comments

おこぜ says..."お疲れ様でした"
桁倉釣行、お疲れ様でした😄
やはり、未だにスゴい雪氷の厚みなんですね。よくぞ最後まで掘ったと感心しております😅
実は、私はテニス肘が悪化し、今回は釣行を断念してました。
2021.03.01 08:13 | URL | [edit]
gajin says...""
おこぜさん、想像以上でした。
移動を考えられないくらいの重労働でしたが、結果釣れてくれてよかったです。
いつか田螺沼にも挑戦したいです。
2021.03.01 15:45 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/1847-7c4c23e1
該当の記事は見つかりませんでした。