FC2ブログ

リバーバス

久しぶりに川に行って参りました。
CA280143-01.jpg

出ちゃいました、琵琶湖バスみたいのが!

仕事帰りの夕方6時近くから、最上川へ行ってみた。
水位は安定、というよりも減水ぎみ。
060620_1816~0001.jpgちょうどいい感じで流木とゴミ、サンドバーの落ち込みが絡む好条件だ。
川からは湯気が立ち上がり、幻想的かつオカルトチックな雰囲気を醸し出す。

まずは、ワンナップシャッドのノーシンカーから。
表層をバジング気味に流す。と、いきなりスイッチが入ったか、あっちこっちでボイルが発生!
ゴミだまりの脇を通したとき、ジュボッッッ!!という補色音とともにワンナップシャッドが引き込まれる。
十分ためてからアワセを入れたんだけどすっぽ抜け。
これを2~3回繰り返し、4インチから3インチへチェンジしてみた。サイズダウンとともに反応が無くなった。
次はX-70。タダ巻き、トゥイッチ、ジャーク、どれも反応無し。
ただベイトが驚いて逃げたときにボイルが起こる感じ。

浅瀬で追われているベイトを確認すると、3~4cmくらいのゴリだろうか。
X-55あたりを持ってこれば良かった。

辺りがだいぶ暗くなってきてもボイルは頻繁に続く。
それにしてもすごい数。数十匹のバスがいるんじゃない?あちらこちらでボイル!ボイル!ボイル!
んあ~!!!!!
何やりゃ食ってくれるんだ!!??

ロドリのボックスを空けるとX-70やスレッジに紛れてハンハンジグ発見。
使ってくれとばかりに主張する。
ロッドは1本、デストロイヤーF1-60Xのみ!
いっちょやってみますか?!

たらしを十二分に取り、円を描くようにキャスト。
お!意外に飛ぶね。15mくらい飛んだか?
着底後数秒待って、ハンッハンッハンッとシェイクしながらリトリーブ。
右ハンだからやりずれー!

ブレイク付近にさしかかったとき、微妙に重くなった(気がした)。
考える前に合わせてましたよ、体が。

根掛かりかもね。そう思ったとき、右にラインが走る。
バスだ!!!
アリエナイザーくらい竿が曲がってるし。
結構デカイかもよ!
慎重に寄せてくると、さらにデケェ!!
なんだこの腹!相当食ってるべ!!

CA280145.jpg
   
CA280144.jpg

ハンハンに替えたとたんの一撃。おそるべしハンハン。そして村上。
今日はこれにて終了。気が付くと7時半をまわっていた。帰り道がおっかねえ!

川祭りの始まりを感じさせる釣行だった。
あ~おもろい。

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/39-9c6bead0
該当の記事は見つかりませんでした。