ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何年越しかの夢

うちの子には携帯ゲーム機を絶っっっっ対に与えないと決めていた。

それは、どこへ行くのでも持ち歩けるし、家族で出かけようが友達と遊ぼうが、勿論家にいるとき全ての場面で、必ずと言っていいほどゲームをしてしまうからである。
色んな家の子を見てきたが、高校生であろうが小学生であろうが、例外なくそんな感じだ。

無けりゃ無いで、子どもというのは工夫して遊ぶものだ。
家の場合「絵でも描いてろ!」と、紙と色鉛筆を与えてきた。
人形でもいい。
要するに想像力を働かせて遊んで欲しいということである。

今の子らは想像力を働かせて遊ぶ、などということはほとんどしないのではないだろか。
悲しいけれど、それが現実かも知れない。

とは言っても、小学校も3年生を過ぎ、DSを持っていない子どもの方が少ないことは知っていた。
だから父はこう言い放った。
「自分の力で稼いで買いなさい。」

斯くして、頑張り屋の子どもらは、お手伝いをして貰ったお小遣いやお年玉をせっせと集め、ようやく任天堂のDSを手に入れた訳である。

きっと大切に使うことだろう。

CA280770.jpg

CA280769.jpg

関連記事

-3 Comments

reopapa says..."Non Title"
すげ~いいっすね~俺もそう言って教育しよう!!!
しかし流石人生の先輩いい事言いますね~!!!
2008.01.13 00:29 | URL | [edit]
gajin says..."Non Title"
自分には甘くなっちゃうんですけどね(苦笑)
ま、その辺はご愛嬌。
2008.01.13 00:39 | URL | [edit]
reopapa says..."Non Title"
えっ!?
俺なんて自分に激あまですよ(爆)
2008.01.13 10:02 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/424-13a10ed9
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。