FC2ブログ

第2回ミーティング

第2回K-WGNミーティングが山形の超有名リザーバー、前川ダムで行われた。
KWGN2.jpg

参加者はCLUMSY ANGLERのキミジロー。さん、山形人さん、ちいちゃんパパさん、ガンツさん、reopapaさん、そしてぼくの6人。もちろんボクは5時の集合時間に遅れていった(笑)。
すでにみんなは待ちくたびれたような感じで、ちょっと申し訳なかったけど、ま、こんな感じがボクなのでよろしくお願いしますという感じで始まった。

まずは顔合わせの意味も含めて全員で移動することになり、朝一にどうしてもトップではめたいワンドがあったのでボクのわがままに付き合ってもらうことになった。
結局この朝一トップ計画は計画倒れに終わったけれど、対岸を攻めていたちいちゃんパパさんが次々とバスを釣っていた。
風貌といいチームダイワといい、それに釣り姿といいだれかに似ているなぁ。
そう、あれだ!ジャッカルの小野俊郎だ!激似だよ!!
釣りすぎだよ。
ちいちゃん改め「小野プロ」と呼ぶことにしたよ。

ジャバッッッッ!!
対岸で大きな音がしたので、また小野プロが釣ったのかと思い対岸に目をやると、なんと足下が滑り落水しそうになっている小野プロがいた。
おしい!
じゃない(笑)、あぶねー!

対岸から「それはボクの役目なんだから、おいしいとこまで持ってかないでよ!!」と一応声を掛けといた。
釣果だけじゃ満足できず、笑いまで狙うあたりは、ん~あなどれない(笑)

移動を2~3箇所繰り返したところで、それぞれに散っていたメンバーも合流してきた。
時間は9時すぎ。
最後のポイントでも小野プロ一人が気を吐く。
「何で釣ってるんですか?」
とたずねると、
「3インチサターンのダウンショットです。ヨメさんに持たされました。」
とのこと。
かなりこだわりのあるサターンで、
「これ以上使ってなくすと怒られるから封印します(;^_^A アセアセ…」
だって。あはは(笑)

釣れないのでみんなも段々だれてきた。
9時30分となったところで、移動しようということに。

どうもみんなあの”川祭り”会場に行きたい様子。
ここで、山形人さんとはお別れ。

約1時間の移動で寒河江入り。
軽ワゴンが5台連なって爆走する姿はかなり面白かった!
写真に納めたかったけど運転中でしょうがない。

最上川へ到着し軽く状況分析と説明。
どうもお祭りはまだ準備中のようだった。
バスの姿はあるけどかなり小さい個体ばかりでテンション上がらない。
流石の小野プロでも釣れず、小野プロが釣れなきゃ誰も釣れないよと言うことで移動決定。

昼食を挟みキミジロー。さんが以前47cmを釣った野池にいこうということになった。
ガンツさんはここでお別れ。

残り4人で寒河江のおいしいラーメンを食べようと言うことで、ワンタンメンとミソがおいしい「福屋そばや」へ。
ところが激混み!相当待たなければならない。
待つのが嫌いなボクとキミジロー。さんの意見で別の店「皿谷食堂」へ。
こちらは中華がおいしい店。牛ベースのスープと牛チャーシューの中華はよそでは食べれないでしょ。

お腹もふくれたところで野池へ移動。
かなりの減水だ。
以前キミジロー。さんと来たときよりも、およそ1~1.5m位の減水。

ボクは左の池中央へ、キミジロー。さんたちは右のインレット側へ分かれた。
奥へ進むと倒木が3箇所くらいいい感じで倒れ込んでいる。
大好きなイカで攻めてみたが無反応。
一番奥の倒木まで進み一瞬動きが止まるほどの衝撃映像。

ゆったりと50近いのが泳いでる!
しばらく様子を観察していると、岸沿いを行ったり来たり。
足下の倒木を起点にエサを探している様子。

倒木にステイしたところを見計らって、1/16ozのラバージグ+ブラッシュホグを静かに落とし込んだ。
最初は気にしつつも食べる様子がなかったのに、横から30cm位のバスが出てきたとき、慌てたように食いついた!

思いっきりフッキングし倒木から離そうとしたけれど、コブラでもパワー負け。
グイグイ下に潜られてしまった。
必死に出そうと試みても無理。ラバージグがてこの原理ではずれて帰ってきた。
がっくり・・・orz

横にいたreopapaさんは冷静かつ「ホンマかいな、ウソちゃうん?」という温かい目で見守ってくれていた(笑)
そんなreopapaさんにも魚がヒット。
小さい。
小さい自己記録更新だそうだ。
その後も何匹か魚を釣っている。

しばらくして、reopapaさんと入れ替わるようにキミジロー。さん登場。
ボクが「さっき47cm掛けたけど巻かれてバラしました。」と報告すると、
「ホントですか(ウソちゃうん自分?)」と温かく返してくれた。
みんないい人だ。

キミジロー。さんも倒木に巻かれたりして遊んでいたけど、きっちり魚を釣っていた。
時間もいい感じなので、この辺でもう一度川のチェックをしたいので移動することに。
小野プロは対岸で釣れそうなオーラを放ち続けていたけど(笑)、移動するので戻ってきてもらうことに。
と、ここで話題は小野プロがこの池で何匹釣ったかになり、ボクの予想は8匹、キミジローさんは12匹、reopapaさんの予想は間を取って10匹。
戻ってきた小野プロに尋ねると、正解は8匹。ボクの正解、やった~!

とここで小野プロが
「そこの沈んでる木にボクもキミジロー。さんも釣れなかった40アップがいるんですよ。釣っちゃってください。」
とリクエスト。
俄然やる気がわいてきたッス。

1投目、木の手前に入れる。
2投目、ちょっと失敗して上の木に掛かっちゃった。
そのまま着水させると魚が反応した。
3投目、木の枝の間にダイレクトに入れてみる。

ゴクリンチョ&ツイ~ン・・・
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━コレ !
後ろでは「オー!」と歓声を頂戴し、一気に抜き揚げ。
はいコレ。
20060625212345.jpg ガリ痩せの40cm。



「口はでかいけど39、ん~40ちょうどくらいかな。計ってみてください。」
「40ちょうどですね。」
やった、正解。
Gスケール(笑)が正確なことも目の前で伝えられたし、んで ついでに釣れたし。よかった(^o^)

キミジロー。さんとはここでお別れし、いよいよ最後、祭り会場へ。
ボクとちいちゃんパパ、reopapaの3人は期待に胸を膨らませ川へ到着。
ポイントへ着いてみると風がびゅーびゅーでベイトの存在すら分からない。

ボクとreopapaさんがキャストし始めるやいなや、ちいちゃんパパが
「来ました!」
うっそ~!早っっっ!!
ロッドがアリエナイザーくらい曲がってる。
羨ましいぞ!
トップで釣れたこと、そして初めての川バスにとても満足したパパさん。
060624_1619~0001.jpg

やっぱりあなたは小野プロだ(笑)

このあと、しばらく粘ってはみたけど風もびゅーびゅー、ボイルも起こる気配がないので終了することに。

次回はバコバコの川祭りへぜひご招待したいです。
参加されたみなさん、長時間、長距離の移動、本当にお疲れ様でした!

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/44-9b687924
該当の記事は見つかりませんでした。