ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春攻略には何を(ルー語で考えてみる

スプリングの攻略にはどんなルアーがいいものか考えたことある?
今日はそんなことをシンクしながら手持ちのルアーを弄ってる。

アーリースプリング、つまり早春、まだウォーターの温度が上がりきらないこの季節なら、なるべくゆっくりと誘えるものがいいだろうと、ノーシンカー系のワームをメインに据えてみる。
センコー、お線香じゃなく、ヤマセンコー系のストレート、真っ直ぐで細いものもあれば、ファットイカ、ダイナゴン系のバックスライド系もある。
ウィンターなら迷うことなくストレート系をチョイスする。
オープンウォーター、つまり何もない水面に枯れ残ったウィ-ドなどを探しながらゆっくり誘えるし、なぜか細身のものに反応する印象があるから。
肌寒さの残るこのタイミングならバックスライド系だろうか。
ヘビーな重めのラバージグで反射食いを狙うのもいいかも知れない。バット、極軽いライトラバージグでゆっくり誘うことを選びたい。
オーバーハング、覆い被さった木の、そこに浮いて体を温めている個体を狙うためだ。

リバーでの釣りから解っていたことだけど、昨日の経験から確実なものとなったこと。
ナウ、この時期奴等はオーバーハングにポカンと浮いていたり、ウロウロと餌を探していたりする。
対岸のオーバーハングとを直接行き来するものもいた。

もう少しウォ-ム暖かくなれば、春の荒食いフェスティバルが開催されるはず。
去年は偶然にもフェスティバルにぶち当たることが出来た。
ハードルアーのみで鬼釣りが出来る日はそうそう無いもの。

取って置きのビッグベイト達はアフタースポーンまでは取って置きのマザー。つまりママ。

勝手な妄想。
妄想が現実になった時・・・
きもちいいだろうね。

ユー達なら春攻略には何を使う?トゥギャーザー、一緒に考えよう。

※暇だからルー語にしてみました。いつもにも増して読みづらいのはご了承ください。

関連記事

-4 Comments

CA-K says...""
ボクも細身のモノしか食わない時期は確実にあると思ってます。
食べるのが楽なんじゃないですかね?あまり食欲のないときのソーメンみたいな。
ボクの春攻略のメインはテキサスです!
(年中変わりませんけど)
2008.03.24 20:57 | URL | [edit]
gajin says...""
CA-Kさん★★
そーめんは分かり易いですね。
K氏はテリーマンですからそれでいいのです。
2008.03.24 21:16 | URL | [edit]
reopapa says...""
何故にルー語で(笑)
凄く説得力がある文章なのにルー語だと・・・(笑)
2008.03.24 21:44 | URL | [edit]
gajin says...""
最近、釣りを全く知らない人達もここを覗くようになって、そんで、分かり易く日本語で説明しようとしたら、逆にこうなったと・・・・
2008.03.25 20:11 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/470-4e36ca6a
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。