ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷土LOVE

ことしの春、満開の桜の下、映画のロケが行われた。
ロケ地に選ばれたのはぼくが住む寒河江市。市内の長岡山と寒河江高校がその舞台となった。
福田沙紀が主演の「櫻の園」。名門女子校に転校してきた自由奔放な女子生徒が廃部となった演劇部をクラスメートと一緒に再生していく青春物語だとか。90年にも一度映画化され日本アカデミー賞優秀賞など21の映画賞を受賞しており、今回も18年前と同じ中原俊監督がメガホンを取った。
ロケハンが東北中を駆け回り、最後に辿り着いたのが寒河江の櫻だった。寒河江公園の景色がイメージにドンピシャだったという。

080422_01.jpg

友人がロケに同行したらしいが若い女優陣を間近で見れて羨ましい。浅野ゆう子より余程魅力的なのは言うまでも無い。

それにしても最近は山形がもて囃され、映画やドラマのロケが次々とやって来ている。ちょっとしたブームだ。寒河江もそのとおり。前述の「農家の嫁は弁護士」、米倉涼子の「女系家族」、そして今回の「櫻の園」と、短い間に立て続けにロケが組まれている。今まで露出が少ない所だったということも大きいのかも知れない。そして人々が古き良き時代や田舎に魅力を感じている現れでもあるのだろう。皆疲れているのだ。この時代に。
高層ビルが建ち並びアスファルトやコンクリートに囲まれた暮らしに、ぼくは何も魅力を感じない。
いつだったか東京に旅行した際、タクシーのおやじが「お兄さんどっから来たの?東京は面白いでしょ。遊ぶ所がいっぱいあってね。」と抜かしやがったので、空かさずぼくはこう答えてやった。「どこが?遊ぶとこなんてどこにも無いでしょ。金を払わなきゃ何にも出来ない街に何の魅力も感じませんよ。」と。おやじはキョトンとした顔でぼくを見ていたのが可笑しかった。

撮影をするもの、それを見るもの、全ての人が山形の魅力に触れ感動してくれれば、住んでるこちらとしても嬉しいし鼻が高いってもの。ぼくは寒河江という街が、山形が大好きだ。
それを守っていくのは自分たち自身。都会の人が魅力を分かっているのに、住んでいる自分たちが本当の魅力を分かっていない気がする。もっと郷土に誇りを持って行政や政治家の好き勝手を許さないNO!と言える市民でありたいし、あって欲しいと思う。

関連記事

-6 Comments

け〜ちん says...""
yes i do!
まさにそのとおり!
僕もちょっとだけ東京にいたことがあるけど
東京は遊ぶとこで、住むとこじゃないと思いました、風俗関係は、最高だけどね(汗)

と言うことで、そろそろ、市議から始めますか?
G氏がね。
2008.06.17 23:53 | URL | [edit]
gajin says...""
いえいえいえ((-ω-。)(。-ω-))
そちらがどーぞ。
2008.06.18 20:20 | URL | [edit]
ポコ says...""
こんばんは。

同感です。

寒河江市は隣なのでよく行きます。
*子供のころは、ヤマザワ&シマヤに連れて行ってもらうのがとても楽しみでした♪

たまに東京へ行くことがありますが、自分も目的以外は魅力を感じませんね。
なんといっても職場帰りに釣りのできる?環境が大好きです(笑)
2008.06.19 19:53 | URL | [edit]
gajin says...""
でしょう。
ヤマザワ&シマヤ!懐かしい!!
子どもの頃はこの二つが定番でしたね。
道路向かいの「どんど焼き」が帰りの楽しみでした。
ミスコンに黒んぼ大会、色んなイベントもありました。

仕事帰りに釣り、最高ですよ。
デパートに行かなくてもカブクワが獲れる。
緑に囲まれた風景も大好きです。
道路拡張や家の移転、無駄な施設建設に膨大な金をつぎ込むくらいなら、自然や昔ながらの家、街並みを残すことにお金を使って貰いたいものです。
2008.06.19 20:59 | URL | [edit]
はる says...""
通りすがりです。寒河江でそんなにも映画が撮影されてたなんて知りませんでした!!しかも寒高と長岡山ですか。
私は今フランスにいて、もうすぐフランス人の彼を両親に紹介するのも含め寒河江に一時帰省するところです。
寒河江は本当にいいとこだって離れると改めて感じます。
緑と山とサクランボと寒河江川。チェリーランドに田んぼ。すべてが恋しいですねー。帰るのが楽しみです。ブログチェックしますね!
2013.06.05 05:20 | URL | [edit]
gajin says...""
はるさん、こんにちは。
随分と前になってしまいましたが、そうなんです。寒河江ロケがたくさんありました。
今は慈恩寺の魅力を地元が再発見してもらい、内外に発信しているところです。
フランスの彼も寒河江を気に入っていただけるものと思います。
2013.06.05 10:02 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/522-98d9b349
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。