ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことばの温もり/ミエナイチカラ

最近は特に霊的なことに引かれてるというか、そういう人が寄って来る。
酒を飲んでいてもそういう話が出たり、こちらの意図しないところでそういう人が集まってくるようになっている。
先日も何気ない食卓での話で、ミエル、ミエナイの話になった。
かみさんは全く見えないが、次女と長男はたまに見えるらしい。次女に至っては、学校で友だちと遊んでいるときも、明らかに違う世界のお友だちが一緒に交じって遊んでいるのを見ていると言う。
彼女が言うには、その話をするのは今回が初めてで、友だちに言っても信じないだろうから敢えて言わないのだと言う。ぼくら親に対してもそうだったようで、霊的な話が出たので話してくれたようだ。
そんな彼女からの衝撃発言。
「うちにもいるよ。首だけの人。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
全身総鳥肌。皆絶句である。もうひとりを除いては。
もうひとりとは長男のこと。彼もまた首だけの人を見ているらしく、次女が見た人と同じもの。ふたりだけの秘密にしていたようだ。
そのときはただただ驚くばかりで、それ以上のことは聞き出せないでいた。
ただ何となく、悪い感じはしなかったのが不思議でいたのだった。

そして今日、長男が驚くような話をし出す。
「パパ~。」目をまん丸にして口を尖らせて話す彼。「何だい?」と聞き返すと、
「パパって見守られてるんだね。」と続ける。「・・なんで?」と返せば、
「前に首だけの人が見てるって言ったでしょ?あれってパパのおじいちゃんだったんだね。」
どうやら最近になって飾ってあるじいさんの写真に気が付いたらしい。
「良かったね。みんなのこと見守ってくれてるんだよ。」と笑顔で答えると、ブンブンと首を振る彼。そしてこう切り出した。
「だってね、○○(次女)が見たのがパパが前に使ってたあっちの部屋でしょ?○○(自分)が見たのがこの部屋でしょ?それってパパがいる部屋(ばかり)だから、きっとパパのことを見守ってるんだよ。」と。

うちのじいさんは癌で亡くなった。
その最後の刹那、きっとぼくに会いたかっただろう。
ばあさんが、いよいよヤバいからと電話で呼んでくれたとき、すぐに駆けつければ死に目に会えたものを、2度目の電話でようやく駆けつけてみれば、まさに息を引き取った直後だった。ぼくはそれを何年もの間、酷く悔やんでいた。
そしてある時、酒の席で知り合った子に霊感の強い友達がいる子がいて、以前から気になっていたうちのじいさんのことを聞いてもらった。今はどうしているんだろうかと。

「そばにいるよ」

嘘でも嬉しいことばだった。
それが今日、子どもらのことばとひとつになった。
まるでことばに抱きしめられた気がした。

ー あんときはごめんね。 そして ありがとう。 ー

ぼくはそんなことばを、改めてじいさんの写真に語りかけた。

dsc29251a.jpg

関連記事

-8 Comments

JP says...""
無信仰無信心なうえ不可思議なものは信じないと決めている俺ですが、Gさんと出会ってから、ここ一年で「あるのかもネ」と意識が少し変わりました。ええ、いろんな不可思議な体験をさせていただいております(爆)
2009.10.30 22:15 | URL | [edit]
CUTM@N says...""
いい話ですね(泣)自分も小学生の時に爺さんを癌で亡くして死に目にも会えませんでした。
gajinさんと同じで最後に一言声を掛けたかった気持ちは今でも忘れられません。うちの爺さんあっちで頑張ってかなー!?
2009.10.30 22:41 | URL | [edit]
gajin says...""
JPさん★
ぼくも無信仰です。ある意味多信仰とも言えるかもしれませんが、特定の宗教にカブレルことはありません。
元は仏教もキリスト教も同じものだとぼくは考えています。伝える過程(歴史)の中でそれを説く者に特定のファンが付いた、言わばファンクラブが今の宗教。
「生まれ変わり」「神と悪のキャラクター」「主の復活」そのどれもが驚くほどに共通しているという事実も、意外と知られていないけど面白いものです。

リーダーとしてこれからも苦労があるかと思いますが、試練と思い乗り越えていただければと思います。幾ばくかのお手伝いができれば幸いです。(合掌

堅い?(笑
2009.10.30 23:11 | URL | [edit]
gajin says...""
CUTM@Nくん★
きっと爺さんもそばに付いて君を見守ってるよ。
死者のことばがこちらに届くことは稀でも、こちらのことばはきっと届いているはず。
君の活躍を誰よりも願っている。そう思う。
2009.10.30 23:17 | URL | [edit]
マチャキ says...""
toppage開いた瞬間、「あれ?間違った?」と思いましたよ(笑)

そういうのは私も信じます。
横にいるかどうかはわかりませんが、お世話になった人が亡くなったときに、会いに来てくれた(見てはないが、はっきりと”知覚”した)経験は何度かあります。

朝から泣きそうになってしまいました・・・最近とみに涙腺が緩いもんで(笑)
2009.10.31 07:18 | URL | [edit]
gajin says...""
マチャキさん★
気分転換です。

ぼくもたまに見えてしまうけど知覚するタイプです。
OZZYの魂が共にあることに感謝。幸せな気持ちになれました。
2009.10.31 08:44 | URL | [edit]
reopapa says...""
良い話っすね~俺はまだひいばあちゃんの死しか経験してませんが、見守ってくれてるんですかね?
いや~マジヤバかった~って事も何回もありましたが、生きてるって事は見守ってくれてるって事なんですかね???
2009.11.02 00:30 | URL | [edit]
gajin says...""
reopapa★
君は間違いなく強い力に見守られてるよ。
コロしても死なないだろーね(笑
2009.11.02 15:27 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/875-4ab41319
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。