FC2ブログ

命の尊厳

P1000689s.jpg

我が家のボブくんが癌になった。


家を新築したと同時に我が家に来たから12歳くらい。
はじめは前脚の間接部に床擦れのような丸い傷が出来た。
徐々に大きくなり手術で切除。
医者の見立ては床擦れだと言うが、首や尻に小さく同じようなものが飛んでいるから、ぼくははじめから癌を疑った。
切除後もあちこちの患部が大きくなり、もう一度受診。
医者は癌であるにしろ悪性ではないはずだと言う。
こちらがあまりにしつこいので、切除した保存してある患部を検査に回すことになった。
検査の結果は悪性の癌。
最初の段階で癌に対する投薬を行っていたら・・・
タラレバの話はすべきではないが、この一週間で病状が一気に加速した。
もはや投薬では治まらないだろう。

最期まできちんと家で面倒見るつもりだ。
本人(犬)にしてみれば痛みや苦しみと生活して行かなければならない辛い日々かも知れない。
本当に見ているのも苦しいくらいになったら、そのときは静かに眠るように逝ってもらおう。
家族が見守る中で・・・。


※親父とのやり取りに関して、直に話をして誤解が解けましたので、そのくだりは削除いたしました。
あまりに酷いときには安楽死させてやろうと言う優しさから出た言葉だったようですが、言葉足らずで保健所というキーワードだけがかみさんの中で一人歩きしていたようです。

関連記事

14 Comments

JP says...""
12歳ですか・・・老いていくペットって辛いよね。なおさら病気だと。

それにしてもどこのヤブ獣医ですか? 人間だったら医療ミスで訴えられてもおかしくないでそ?
2009.11.26 21:57 | URL | # [edit]
reopapa says...""
ボブ君可哀想です・・・。
子供達からすると兄弟同然でしょうに。
せめて皆に見守られながら静かに眠って欲しいですね。
2009.11.26 22:19 | URL | # [edit]
gajin says...""
JPさん★
寒河江の某動物病院です。
いずれは死にゆく命。
できれば老衰が理想なんでしょうが、今の世の中、人間も動物も添加物満載の食事ですから仕方ないのかもしれません。
癌の家系が犬にまでとは恐ろしいですね。
2009.11.26 22:32 | URL | # [edit]
gajin says...""
reopapa★
子ども達、中でも長女の落胆は相当です。
一番かわいがってましたからね。
生きものを飼うということ、その責任についてきちんと教えようと思います。
なってしまったものは仕方がありませんから、事実を受け止め、残りの時間を大切に過ごそうと話しました。
長女の夢は以前から獣医とのこと。今回のことでそれがますます強くなったかも知れません。
2009.11.26 22:35 | URL | # [edit]
研究者@Mad engi says...""
以前、実家に犬飼ってました。
盆に帰省した時に、体調悪いのを聞かされ、心配して庄内に戻ってきたのですが、先々月くらいに呼吸器系の病気で・・・。14歳でした。最後も皆に看取られたようです。かなり可愛がられ、家族同然でしたので切ないです。
ボブくんにも頑張って生きて欲しい。
2009.11.26 23:20 | URL | # [edit]
gajin says...""
研究者さん★
そうだったんですか。切ないですね。
犬でも別れは辛いものです。

みなさん★お心遣いありがとうございます。
2009.11.26 23:24 | URL | # [edit]
U~G says...""
何とも切ない話しですね。
私も、子供の頃は猫を飼っていました。
亡くなった時は、裏庭にお墓をたてて、
毎日のようにお参りしてたものです。
お子様には、命の尊さ、大切さを教えてあげれたらと思います。

ボブくんには、1日でも長く生きていて欲しいですね。
2009.11.27 03:34 | URL | # [edit]
gajin says...""
U~Gさん★
ハムスターが死んだときもお墓をつくって弔ってやりました。
命あるものいつかは死が訪れます。
後悔の無いように日々のかかわりを深めていければいいですね。
2009.11.27 09:06 | URL | # [edit]
ほっしゃん says...""
ヤブ医者、最近のペットブームで獣医の方々も麻痺した感覚があるんでしょうか。一匹一匹と向き合う姿勢が雑ですよね。慰謝料貰ってもおかしくないくらいですが、慰謝料払うからそれでいいでしょって問題でもないですしね。家族の気持ちになって診察して欲しいです。切ないっす。
2009.11.27 12:08 | URL | # [edit]
gajin says...""
ほっしゃんさん★
片田舎の小さな獣医ですし、大きな病気などのケースもそれほど多くないのも原因と考えられますよね。
経験としてこれから助かる命を救ってくれた方がいいと思います。
こんなこと言えるのもペットだからで、子どもだったらこんなこと言えません。人間のエゴ丸出しでボブには申し訳ない。
2009.11.27 12:34 | URL | # [edit]
CUTM@N says...""
自分も子供の頃に飼っていたラブラドールが死んで物凄く悲しかったのを思い出しました。
いくら犬といえども家族同様ですからね。暖かく見守って下さい。
2009.11.27 13:33 | URL | # [edit]
gajin says...""
CUTM@Nくん★
家族同然ですよね。暖かく見守るつもりです。ありがとう。
2009.11.27 17:16 | URL | # [edit]
マチャキ says...""
我が家で飼っていたシーズー、13歳で老衰死でした。
あの時は本当につらかったです。
ボブ君が天寿を全うされますようにお祈り申し上げます。
2009.11.27 22:34 | URL | # [edit]
gajin says...""
マチャキさん★
老衰とはまた幸せなシーズーちゃんでしたね。
病死もまた天命。
あまり苦しませたくないのも本音です。
2009.11.27 22:45 | URL | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/903-ffddd90c
該当の記事は見つかりませんでした。