ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別れ

大切な家族がきょう旅立ちました

きのう おばぁが肺がんの手術をしました
結果は良好で きょうその見舞いに行ってきました
ぼくの仕事が終わった7時過ぎからバタバタと病院を訪れ
回復室のおばぁと少しばかり会話を交わし 帰りに食事をして帰宅しました
具合の悪い我が家の犬ボブのことが気になり車庫の扉を開けました

夕方容態が更に悪化し 犬小屋にも入れなくなっていたので車庫に運んでいたのでした
そのときは懸命に首を持ち上げ 元気さを健気にアピールしているようにも見えました
2日前からかなり調子が悪く いつ逝ってもおかしく無いような状態が続いていましたが
皆の呼びかけに必死で応える姿が痛々しく 切なく 心苦しい思いでいっぱいでした

扉を開けたむすめ達が何やら騒がしく 急ぎ駆けつけましたが
お尻から血を流し 両前脚を開きながら力尽きた姿がそこにありました
呼びかけにも応えず 体を擦ってみると 冷たく硬くなっていました
ほんの3時間の間のことです

「どうして待ってくれなかったんだ・・・」

悔しさと申し訳なさが一遍に噴き出してきます
溢れる感情 涙を抑えることが出来ません

ひとり寂しい思いをさせてしまった

おじぃが亡くなったときも おばぁからの一度目の連絡で駆けつけなかったことで その死に目に会えませんでした
その思いが激しく交錯します

どうしていつも自分はそうなんだ・・

ぼくらが結婚したと同じ年に我が家にやってきた大切な家族でした
チラシの譲りますのコーナーを見て まだ結婚前のかみさんと一緒に貰いに行ったことを 今でも鮮明に覚えています
数匹の兄弟の中で 一番人なつこく 真っ先にぼくに駆け寄ってきたのがボブでした
本当に人なつこく 甘えん坊だったな

ぼくらが結婚し 数年のアパート暮らしをしている間 彼の面倒を見てくれるのは両親と妹でしたので
可愛がっていた妹にも亡くなったことをメールで伝えました
“動物は死に目を見せないで死ぬ習性があるから みんなが出掛けたのを確認して逝ったんだと思う
だから自分を責めなくていいよ”
そんな言葉でさえも 今は切なさに拍車を掛けます

今夜は子ども達とボブに別れを告げ 冷たくなった体を擦り泣きました
ぼくはもう犬を飼うことはありません
彼が最初で最後のぼくの犬であり この家で過ごした大切な家族です
彼にしてあげられなかったことの後悔は沢山あります
思い出ももっとつくってやれたはず・・

それでもきっと彼はきっと幸せだったと思います
人なつこい彼は 子ども達に囲まれ 友達がいつも訪ねてくれました
近所の人が必ず立ち止まり声を掛けてくれました
越してきたぼくらのことは知らなくても 彼のことは皆知っていました
彼は町の人気者だったのです

きみがくれた安らぎや愛情は ぼくや子ども達の胸にずっと永遠に生き続けます
狭い庭じゃなく 天国の原っぱで 元気に駆け回って欲しい
でも寂びしん坊のきみのことだから すぐに足元に戻ってきちゃうんだろうな

ありがとう

よく頑張ったね
今はもう ただ 安らかに眠ってください

大好きだったよ
ぼくの弟であり 子どもだったきみ
   (合掌

関連記事

-14 Comments

マチャキ says...""
ボブ君の冥福をただ、祈ります。
・・・この世で幸せだった彼ですもの・・・きっと天国でも幸せに違いありません。

お気を落とされませんように。
2009.12.16 00:21 | URL | [edit]
JP says...""
その想いは十分過ぎるくらい伝わってると思うよ。

とてもしあわせな一生をまっとうしたとおもうよ...

(合掌)
2009.12.16 00:22 | URL | [edit]
gajin says...""
マチャキさん★
いつもありがとう
いつもすぐにコメントをくれ励ましてくれる君もまた
ぼくにとって大切なひとです
海へはシーバスに会いに行ってるんじゃなく
君に会いに行っていたんだなと 最近わかりました
ひとりの殺風景な海にはどうも足が向きません
バカな男ですがこれからもどうぞお付き合いください

ありがとう
2009.12.16 00:25 | URL | [edit]
マチャキ says...""
泣かせないで下さいよ(苦笑)
いつでも・・・どこまでも付き合いますよ・・・仲間じゃないっすか!
2009.12.16 00:27 | URL | [edit]
gajin says...""
JPさん★
ありがとうございます
そう言ってもらえると なんだか・・・
また泣いてしまいそうです
いい犬でした それ以上にいい家族でした
あれ以上の犬にはもう出会えないでしょうから もう犬は飼いません
釣りを通してこうして出会えているぼくらも きっとそうでしょうし そうありたいと思います

いつもありがとうございます
2009.12.16 00:33 | URL | [edit]
reopapa says...""
ボブ君は素晴らしい家族に迎えられて素晴らしい生涯を全うしたと思いますよ。
痛みはあったかも知れませんが、安らかに眠って欲しいっすね。

家の飼っていた犬も、一人で逝きました・・・今でもあの冷たい体を擦って泣いたのを鮮明に覚えてます。
気持ちは痛いほど分かります・・・でも、気を落とさないで下さい。
ボブ君も悲しんでるG氏の姿は見たく無いと思いますよ。
いつまでもボブ君はG氏の中に居ますから。
2009.12.16 11:52 | URL | [edit]
gajin says...""
reopapa★
素晴らしくはないけど、彼にとっては間違いなく家族だった
午前中仕事をしていたら、フッと彼の匂いがした
しばらく俺にまとわりついているようだった
今だけは悲しみの中に埋もれさせていただきます

いつもやさしい君に救われます
ありがとう
2009.12.16 12:21 | URL | [edit]
CUTM@N says...""
gajinさんがそれだけ悲しんでるって事はそれだけボブくんに愛情をそそいだってことです。
きっと最高の一生だったと思います。
一人で逝ったのもボブくんからの精一杯の愛情の恩返しだったんじゃないでしょうか。
どうか自分を責めないで元気をだしてください。
きっとボブくんも天国でそれを望んでいるでしょうから。
2009.12.16 13:57 | URL | [edit]
gajin says...""
CUTM@Nくん★
ひとりで逝ったのも恩返し
そうかも知れないね
大丈夫 
最期は目と目で通じ合えたような気がしてる

いつもありがとう
2009.12.16 15:30 | URL | [edit]
ji-ji says...""
久しぶりに来てみれば・・・(´・ω・`)
なんとも言葉が見つかりません
僕はボブと遊んだことは無かったけれど
君がボブの名前を付けた話をしてくれた時の事が思い出されました

ボブのご冥福をお祈りします(-人-

2009.12.18 13:38 | URL | [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.12.18 13:52 | | [edit]
gajin says...""
Ji-Ji★
ありがとね~。
随分と長い間一緒にいましたので、「いること」が当たり前で、いなくなることは分かっていても想像がつきませんでした。
毎日玄関を通るたび、車で家に帰るたび、いなくなったはずの犬小屋の前に彼の姿を見てしまいます。
火葬してあげて、真っ黒い犬が真っ白の骨だけになってしまっても、どこかでまだ受け入れられないところがあるのかも知れないね。
少し時間が必要です。

そのうち久しぶりに呑みに行きましょう。
2009.12.18 18:08 | URL | [edit]
gajin says...""
カギコメさん★
二年前の傷が未だに癒えぬとはお辛いですね。
辛い思いを掘り起こしてしまったでしょうか。申し訳ないです。
そちらへはコメントもせずお邪魔させていただいておりますが、更新を楽しみにさせていただいております。
励ましのあたたかいことばありがとうございます。
2009.12.18 18:25 | URL | [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.12.18 20:46 | | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/919-075af098
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。