ミエナイチカラトワルアガキ

Against The Current

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末の丸腰侍

scr1004072029009-p1.jpg

久しぶりにサッカーの話題。

今日の代表戦。セルビア対日本代表。
前半に2失点、後半にも失点。
いずれも中盤の隙を突かれて許してしまったゴール。
際立つのは個の力の差。
他国のフォワードはキーパーとの1対1なら必ず得点する。
少なくとも枠を外すようなシュートは打たない。
一方の日本代表はいつものように弱々しいシュート。いや、相手キーパーへのパスか。
強めに打てば必ず枠を超えていく。
ゴール前において何を迷う必要があるというのだろう。
いつまでも日本はサッカーを誤解しているようだ。
サッカーはパスゲームではなく相手ゴールへシュートを叩き込むもの。
相手の闘争心ごと打ち砕くシュートが必要なのに、だ。
最近では得点できないばかりか、守備の弱さも際立ってきた。
いよいよ末期かも。

やはりゆとり世代
こんなところにもゆとり教育の弊害はあるようだね。
相手と競い勝敗を付けることを習っていないからしょうがない。
戦うことを忘れた幕末期の侍達。

関連記事

-4 Comments

マチャキ says...""
試合観てなかったんすが、そんなに酷かったんすか・・・得点差もすごいですけど(汗)

上の写真見る限り・・・相手の18番、左インサイドできっちり狙って決めにきてますよね。
DFとキーパー交錯してるんでその上狙って・・・って感じ。
コレ・・・日本の攻撃陣に出来るんかなぁ・・・ヤナギサーワあたりだと、わざわざ転んでるキーパーにぶつけそうな気がしますが(古笑)
2010.04.07 23:11 | URL | [edit]
gajin says...""
為す術無し、って感じでしたね。
柳沢って・・古いね(笑
さすがお目が高い!そういうシチュエーションですね。
日本の攻撃陣なら間違いなく全員、キーパーが転ぶ前に打っちゃって正面キャッチでしょうよ。
もしかバーーの遥か上にどフライ。「ファ~~~!!」
2010.04.07 23:18 | URL | [edit]
reopapa says...""
前半少しだけ見てましたが・・・あり得んすね。
相手のパスは攻撃的な感じがしましたが、日本のパスは何か後ろ後ろと・・・見ててつまんなかったですね~って事で2失点目で風呂入って後見ませんでしたよ(笑)
2010.04.08 07:48 | URL | [edit]
gajin says...""
reopapa★
繋げて繋げて相手の隙をつくという戦い方が通用しないということを、そろそろ学習した方がいいというのに。
泥臭く、ガツガツとゴールを狙っていかなきゃ得点なんてできない。いつでもどこでも狙わなきゃ。
特に格上の連中には華麗なパスワークなんてさせて貰えるはず無いでしょ(苦笑
後半はおれもエギパラの録画を見ながらのチラ見程度。
2010.04.08 08:24 | URL | [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/982-a68d1ee3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。