FC2ブログ

嘘だろ・・

22時30分、メールが入っていた。
送信者はPTA会長。
内容は副会長が救急車で運ばれたというもの。
慌ててメールを読み進めると、原因はたぶん腰痛だろうと。
なんだかホッとしたと同時に、腰痛で救急車ということに違和感を憶えた。

そして23時40分。
たった今、今度は会長から電話での連絡。
「ビックリすねでな・・・」

はい・・・・・・。

「副会長がたった今病院で亡くなった・・」

嘘だべ !!?

突然の訃報。
先ほどのメールとのあまりの違いに愕然として、ショックとか悲しみとかいう感情が沸いてこないでいる。
思えば爺さんの死に直面したときもそうだった。
ただ、只ただ、呆然とすることしかできないでいた。
それと同じような状況にいる。

取り敢えず何かの間違いや、悪い冗談であって欲しい。
兎に角、副会長宅へ行ってくる。


::::::::::::::::::::::


時刻は2時10分。
今、副会長宅から帰ってきた。
親戚の方数名と会長とともに、遺体を病院から自宅まで搬送してきた。
残念ながら、何かの間違いでも、悪い冗談でもなかった。
死因は大動脈破裂。大動脈解離が原因だという。
50歳という年齢は、まだまだこれからという年齢だろう。
子どもも、お姉ちゃんがうちの子と一緒で6年生。下の子が4年生だ。
もの凄く子どもを可愛がり、とても仲の良い家族。奥さんとの仲の良さも評判だった。
月曜日に一緒に呑んだばかりで、来週からはうちの長男に空手を教えることをとても楽しみにしていた。
お前も一緒にやれよ~、なんて言ってくれて、本当に楽しみにしていてくれた。
それに今年はお姉ちゃんの卒業式を控えて、一緒に盛り上げようねと言っていた。
1年生のときからのPTA仲間で、歳の離れたぼくと仲良くしてくれる兄貴みたいな存在だった。
面倒見のいい人で、嫌と言えないところもあった。
人一倍責任感が強く、土曜に迫ったPTAの総会や歓送迎会の仕切りを任され、緊張していたりもしていた。
兎に角、明るくて、頼れる存在だった。

病院から自宅に運んだ手に、まだ彼の温もりとニオイがある。
彼の笑顔が脳裏に焼き付いて離れない。
まだ死んだなんてことが受け止められない。
人の死って何なんだろう・・
人生って

関連記事

14 Comments

マチャキ says...""
ご冥福を心からお祈りします。

家族を残す無念、残されたご家族のご心痛・・・痛すぎるほど伝わります。

自分が7歳の時に同じような病気で36歳の若さで逝ってしまった父の顔が浮かびました。

残されたご家族のお力になってあげてください。
gajinさんもお気を強くもたれますように・・・忙しい中に身を置かれているんですから。

失礼しました。
2010.04.23 07:59 | URL | # [edit]
gajin says...""
ありがとうマチャキくん。
同じような病気でお父さんを亡くされていたのですか、早すぎる死は切な過ぎて痛いくらいですね。
彼の父親も42歳で同じような病気で亡くなったそうです。
血管や内臓の病気は遺伝しやすいでしょうから、くれぐれも日頃の生活には気をつけてください。
そんなことを言っている自分が一番の不摂生だったりするんですけどね。
お互い家族のためにも気をつけましょう。
色んな人に彼の死を電話で報告して、ようやく死という現実にぶち当たっています。
心からご冥福を祈るばかりですが、残された家族も気がかりです。
2010.04.23 08:28 | URL | # [edit]
reopapa says...""
ご本人は無念でしょうし、残された家族もこれから大変でしょうね。
早過ぎますね・・・本当に早過ぎですよ。
ご冥福を心からお祈りします。
2010.04.23 09:01 | URL | # [edit]
ほっしゃん says...""
お久しぶりにコメント失礼します。

昨年の暮れにウチのばあちゃんも同じ大動脈瘤で逝きました。

なんだか、読んでいてあまりにも状況が似ていたものでコメントせずにはいられませんでした。

深夜まで、お疲れさまでした。
心からご冥福をお祈りいたします。
2010.04.23 09:28 | URL | # [edit]
JP says...""
んー切ないね。ご冥福をお祈りすると共に、G氏もここ読んでる30代後半以上のみんなも気ーつけなはれ。オレも(爆)
2010.04.23 09:32 | URL | # [edit]
月ノ下 紫桜 says...""
gajinさんの大切なお仲間さんへ、ご冥福をお祈りいたします。
私もこの病気の方々と何度か立ち会い経験をした為、お辛さや痛みお察しします。

どうか副会長様が安らかでありますように。
ご家族さまも、これから大変かと思いますが、あたたかい風がふいてくれる事を願っております。
2010.04.23 14:03 | URL | # [edit]
gajin says...""
reopapa★
残された家族が一番心配だよ。
今はバタバタして感じない悲しみも、これから家の人だけになったときにドッと押し寄せてくるんだろう。
痛いね。
気をつけろよ。
2010.04.23 16:44 | URL | # [edit]
gajin says...""
ほっしゃんさん★
そうですか。おばあちゃんが・・
辛い別れを思い出させていまいましたかね。
申し訳ないです。
お気遣いありがとうございます。
2010.04.23 16:48 | URL | # [edit]
gajin says...""
JPさん★
ほんとにみさなんにも気をつけていただきたいです。
普段の無理が一気に出てしまうことは恐ろしいことです。
笑ってる場合ではないですよ。
今日も副会長宅に行ってきましたが、いろんな人に彼の死を告げることで、ようやく実感が沸いてきた次第です。
ぼくも一応人間でした。
涙も出るようです。
2010.04.23 16:50 | URL | # [edit]
gajin says...""
紫桜さん★
人の死に直面するということは、本当に辛くて居たたまれないものですね。
普段から親しくしていた人なら尚更。
残された家族のために、自分ができることは微少でしょうが、できることがあれば何だってしてあげたいと思っています。
奥さんも言っていましたが、「無念」のひとことに尽きると思います。
彼の魂は、暫くの間、家族のもとを去れないでいることでしょう。
彼の気持ちを思うと、また胸の奥が苦しくて、目頭が熱くなってしまうのです。
2010.04.23 16:57 | URL | # [edit]
CUTM@N says...""
50歳は早過ぎますね。まだまだ子供の成長を見続けたいでしょうしやりたい事もいっぱいあったでしょう。
残された家族さんも突然の出来事に悲しんでいるとは思いますがgajinさんの思いやりで温めてあげて下さい。
心からご冥福をお祈りいたします。
2010.04.23 17:50 | URL | # [edit]
gajin says...""
そこなんだよね。成長を誰よりも楽しみにしてただろうし、遅くの子どもだったから尚更可愛かったようだし。
奥さんと子ども達には頑張って欲しい。
2010.04.23 20:02 | URL | # [edit]
研究者 says...""
若過ぎる死・・・・。
会社関係者にも。最近見ないと思ったら突然訃報の連絡なんて・・・。ショックですよね。
我々も無理せず参りましょう。
ご冥福をお祈りします。
2010.04.24 10:23 | URL | # [edit]
gajin says...""
そうですね。我々も無理は禁物です。
生きていてこその趣味。
家族のためにも強く生きていたい。
生きていることを実感しながら生活しているこの頃です。
2010.04.25 13:19 | URL | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://rodandbeer.blog54.fc2.com/tb.php/991-7a854dd8
該当の記事は見つかりませんでした。